BOOK-SMART

BOOK-SMARTは、ビジネスパーソンが「いま読むべき一冊」を厳選(キュレーション)し、「要約」で紹介するメディアです

会員登録頂くと、要約ライブラリの閲覧や
更新情報メールマガジンが受け取れます。


新着の書籍

新着

『なぜ、トヨタはテキサスに拠点を移したのか?』
(倉石灯、中野博/著)

2017年、トヨタがカリフォルニア州トーランスからテキサス州プレイノへと米国本社機能を移転したことをご存じだろうか。プレイノを始めテキサスは成長著しい「ダラス経済圏」に位置し、いまトヨタ以外にも多くの企業の進出や移転が進んでいる。本書は、東海岸、西海岸経済圏に次ぐ第三の経済圏として注目を集めるテキサスの秘密に迫る一冊だ。

新着

『ほめられたいときほど、誰かをほめよう』
(鳥越恒一/著)

近年「働き方改革」のしわ寄せか、マネジャー層、特にプレイングマネジャーが疲弊している現場が増えているという。当たり前だがマネジャーも人間であり、心が疲れたり、どうすべきかわからず途方に暮れてしまうこともある。本書はこれまで5万人以上の悩める店長を救ってきた著者が、そうした時のヒントを 50の言葉にまとめたものだ。

『ニュースの“なぜ”は日本史に学べ』
(伊藤賀一/著)

新聞・テレビ・インターネットなどで日々報道される「ニュース」。忙しさなどを理由に、日本の今後に大きく影響するテーマについてもつい読み流してしまうことも多い。だが、その出来事が「なぜ」起きたのかなど、歴史的背景を含めて見てみれば、より深い理解とともに、その先行きを見通すこともできるようになる。

『社会人1年目の教科書』
(菅沼勇基/著)

社会人1年目から伸びる人と伸びない人の差は、どこにあるのか。33歳にして成長企業の経営者として、また医療法人の理事などとして多方面で活躍する著者によれば、それは考え方や習慣の違いにある。本書は、著者がこれまで培ってきた、仕事における原理原則や基本的な姿勢、目標の立て方、情報収集や準備の方法を丁寧にひも解いた一冊だ。

『右脳思考―ロジカルシンキングの限界を超える 観・感・勘のススメ』
(内田和成/著)

「勘や経験で判断するな」「好き嫌いなどの感情で仕事をするな」といった言葉で、ロジカルシンキング(論理的思考)の重要性を説かれた経験のある方は多いだろう。しかし、優れた経営者の多くは勘や直感を大切にしているともいわれ、また、仕事を進めるうえで、人がロジックや理屈だけでは動かないことを体感する場面も少なくないはずだ。

『精神科医が教える 良質読書』
(名越康文/著)

本書は「読書嫌いのための読書術」を解説したユニークな一冊だ。著者は精神科医で、テレビやラジオのコメンテーターなどとしても活躍する名越康文氏。子どもの頃読書嫌いになってしまい、今も集中力がなく読書は苦手だというが、一定の読書量を確保し続け、質の高いアウトプットにつなげているという。

『「ごきぶりホイホイ」生みの親 大塚正富のヒット塾』(廣田章光、日経ビジネススクール/編著)

大塚製薬で「オロナイン軟膏」「オロナミンC」、後にアース製薬に転じてからも「ごきぶりホイホイ」「アースノーマット」など数々の独創的ヒット商品の開発に携わった元アース製薬社長・大塚正富氏。80歳を超えた今なお、特別顧問として後進の指導にあたるほか、自ら興した会社で社長兼開発責任者を務める筋金入りのヒット・メーカーだ。

『おとしどころの見つけ方―世界一やさしい交渉学入門』
(松浦 正浩/著)

「交渉」というと国家間外交や立ち退き交渉といったハードなイメージがある。だが仕事で日々行う打合せや会議、営業などはもちろん、友人や家族とのやり取りなども、実はすべて交渉だ。つまり交渉とは、複数の人間が未来のことがらについて話し合い、協力して行動する取り決めをすること。そしてそれを研究する学問が「交渉学」である。

『巨大システム 失敗の本質―「組織の壊滅的失敗」を防ぐたった一つの方法』

通信ネットワークや電力網、交通システムなど、現代の生活は複雑かつ相互依存的な多くのシステムによって成り立っている。そして、そうしたシステムが予期せぬ出来事やヒューマンエラーによって簡単に崩壊してしまうことも近年明らかになってきた。本書は、組織を含む複雑なシステムの壊滅的失敗にメスを入れ、その原因と対策を示した一冊だ。

『KGBスパイ式記憶術』
(デニス・ブーキンほか/著)

新しい知識やノウハウを身に付ける場合など、記憶力は学生時代のみならず、ビジネスでも役立つ。こうした記憶力を命懸けで磨かなければならないのが諜報員、すなわちスパイの世界である。本書では、そんなスパイ式の記憶術、しかもロシアで諜報部員養成にも使われているという本物のテクニックを解説した一冊だ。

『アマゾンエフェクト!―「究極の顧客戦略」に日本企業はどう立ち向かうか』(鈴木康弘/著)

アマゾン・エフェクト(効果)、あるいはアマゾン・ショックとは、米 IT企業アマゾンの各種業界への進出により、多くの企業が苦境に追い込まれていく現象を指す。アメリカでは 2017年の玩具販売大手トイザらスの破綻、高級食品スーパー、ホールフーズ・マーケットのアマゾンによる買収など、アマゾン・エフェクトを象徴するような出来事が続いている。

『ビジネスマンに経営学が必要な理由』
(陰山孔貴/著)

「大学で学んだことは、社会に出てからあまり役立たない」、「経営学部や MBA(経営学修士)で学んだことが、実際のビジネスシーンでは使えない」といった意見を聞くことは多い。あるいは「大学で勉強する意味が見出せない」という学生もいるかもしれない。だがそれは、少し視野の狭い見方かもしれない。

『サピエンス異変―新たな時代「人新世」の衝撃』
(ヴァイバー・クリガン=リード/著)

人類の身体は、数百万年の間ゆっくりと進化してきたが、産業革命以降の環境の変化によって急速な変化が起こっているという。特にここ数十年のデジタル革命による変化は急速で、私たちの身体は適応しきれずに様々な障害を起こしている。オフィスワークの増加による腰痛や、カロリーの過剰摂取による糖尿病患者の増加はそのわかりやすい例だ。

『メモの魔力』
(前田 裕二/著)

ふとした瞬間にアイデアが浮かんだものの、メモを取らなかったために忘れてしまった、というもどかしさは誰もが一度は経験するのではないだろうか。メモにはそうした「忘れ防止」の効果ももちろんあるが、本書ではさらに、目標実現や思考を深めるといった、より広く強力な効果を持つメモの力を解き明かす。

『鎌倉資本主義』
(柳澤大輔/著)

“面白法人”を掲げる上場企業「カヤック」をご存じだろうか。創業以来鎌倉に本社を置き、アプリや Web制作などを主力にするユニークな IT企業だが、近年では鎌倉を拠点とする複数の企業有志で地域団体「カマコン」を立ち上げるなど、地域活性化にも取り組んでいる。本書はそんなカヤックが提唱する“鎌倉資本主義”を現在進行形で伝える一冊だ。

『そろそろはじめる親のこと』
(大澤 尚宏/著)

現在、日本では年間約 10万人が「介護離職」で職場を離れている。離職すれば収入は激減するうえに、復職できる割合も高くないという。超高齢化社会を目前に、誰にとっても他人事ではない問題だが、特に働き盛りで、親の介護問題をじっくり考えているという人は少ないだろう。本書はそうした人が「親のこと」を考えるきっかけとなる一冊だ。

『HUMAN+MACHINE 人間+マシン―AI時代の8つの融合スキル』
(ポール・R・ドーアティほか/著)

昨今「AI」の文字をメディアで見ない日はない。主にその論調は「AIが人間の仕事を奪う」という脅威論が多いが、本書ではそうした見方を脱して、いかにAIと協働するか、に主眼を置くべきだと主張する。つまり、AIを人間を置き換えるものではなく、人間の能力を拡張・増幅してくれるツールとして捉えなおすのだ。

『0秒経営―組織の機動力を限界まで高める「超高速PDCA」の回し方』
(星崎尚彦/著)

近年の「メガネスーパー」の再生劇をご存じだろうか。メガネやコンタクトレンズの販売でピーク時には 540店舗、売上高 380億円を誇ったメガネスーパーは、JINSや Zoffなど低価格路線の新興 SPA(製造小売)メーカーに押され、8期連続赤字、倒産寸前まで追い込まれていた。そこから驚異的V字回復を成し遂げたのが本書の著者 星崎尚彦氏だ。

『THE CULTURE CODE 最強チームをつくる方法』
(ダニエル・コイル/著)

企業から軍隊、スポーツチームまで、強固なチームワークで成果をあげる組織には、独自の強いチームカルチャー、すなわち「文化」がある。彼らのような文化を組織に根付かせるにはどうすればよいのか。本書では、Google、IDEO、ピクサー、アメリカ海軍などのチームを分析、強い文化が3つのスキルによってつくられることを解き明かしている。

『はたらく女性のコンディショニング事典』
(岩崎一郎ほか監修)

昨今、フルタイムで働く女性が一般化する一方で、冷え性や肌荒れ、生理痛や出産、更年期障害など、女性特有の悩みに対する健康管理の重要性も見直されている。本書はそんな働く女性のために、栄養学、生理学、心理学、脳科学などに裏づけられたコンディション管理に役立つ 70もの手法を解説した一冊だ。

サービスの特長

(1)本の概要を4,000字前後にわかりやすく「要約」してダイジェスト

(2)話題の新刊やロングセラーなど、厳選された良書を毎週紹介

(3)新規会員登録ですぐに要約がお読み頂けます

詳しく見る

特集