渡邉 英二氏 お薦め書籍一覧

推薦者 渡邉英二
顔画像

『ファスト&スロー~
あなたの意思はどのように決まるか?』
(ダニエル・カーネマン/著)

「人間は自らの意志で決断し、行動する」という命題は現代社会の様々な前提となっている。しかし、ノーベル経済学賞を受賞し、行動経済学の第一人者として知られる著者によれば、私たちは無意識のうちに様々な判断を下し、しかもバイアスによって誤っている場合が多い。著者はこのことを直感的な速い(=ファスト)思考と、論理的な遅い(スロー)思考というたとえで表現する。

推薦者 渡邉英二
顔画像

『しんがり 山一證券 最後の12人』
(清武英利/著)

本書はかつて四大証券会社の一角を占め、巨額の不正会計事件ののち破綻に至った山一證券の清算業務を遂行し、その最期を見届けた12人の社員たちのドキュメンタリーである。幹部たちも次々と逃げ出す状況のなか、彼らはなぜこのような「貧乏くじ」と言える仕事を引き受けたのか。

推薦者 渡邉英二
顔画像

『2015年~世界の真実』
(長谷川慶太郎/著)

本書では、東アジアで最強の発言力を行使してきた中国が、いよいよ崩壊寸前の危機に直面している、と指摘している。そのとき日本はどうなるのか。日本を取り巻く世界状況は今後どうなっていくのか。一見、関係のなさそうな各国の動きが、著者の視点や持論によって一つの繋がりを持ち始め、これらの疑問に答えを見出していく。

推薦者 渡邉英二
顔画像

『世界は宗教で動いてる』
(橋爪大三郎/著)

グローバル社会でビジネスを行うために必要な、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教・仏教などの世界各国の宗教についての教養を、わかりやすくまとめた一冊である。なぜ宗教を学ぶことがビジネスに役立つのか。それは、日本以外のたいていの国では、政治・経済や文化・芸術、社会生活などすべてを含んだものが「宗教」だからだ。

推薦者 渡邉英二
顔画像

『理は変革の中に在り』
(野村 克也/著)

本書は野村克也・元監督が、人生を生き抜くための生き方・考え方を語った一冊。80歳を迎えようとする今なお「野球について考えることをやめられずにいる」という著者は、成長に必要なものは自らの不器用さや挫折などがもたらした「苦労」であると断言する。そこで育まれた「思考」「感性」「勇気」によって、人は自らを変革し続け、成長できるのだ。

推薦者 渡邉英二
顔画像

『100年予測』
(ジョージ・フリードマン/著)

本書は地政学上の観点から、100年後の世界を予測しようという大胆な試みを行った一冊である。その予測をひとことで表すならば、「21世紀こそがアメリカの時代になる」ということになる。なぜアメリカの時代の幕明けなのか。著者のジョージ・フリードマンは大学で政治学の教鞭を執りながら、情報機関「ストラトフォー」を立ち上げた人物。