ビジネスモデル

『マクドナルド 失敗の本質-賞味期限切れのビジネスモデル』
(小川 孔輔/著)

2011年に過去最高益を達成した外食産業の雄・日本マクドナルドは、その後低迷を続け、使用期限切れ鶏肉の問題もあり、2014年通期連結決算では▲218億円という最終赤字に転落した。マクドナルドの経営に何が起こっているのか、本書では創業者 藤田田氏と、改革に乗り出した原田泳幸氏の経営戦略から現在の業績低迷の原因を明らかにする。

『ビジネスモデルの教科書
経営戦略を見る目と考える力を養う』
(今枝 昌宏/著)

本書は、企業戦略を支える仕組みを含めた「ビジネスモデル」(儲ける仕組み)の成功例を、31個のパターンとしてまとめた戦略の教科書的な一冊である。著者は「強い戦略」ではなく、その戦略を支える経営資源や仕組みも含め「事業体として強いビジネス」が成功すると説く。また、ピジネスモデルが理解できていないと、競合の狙いも理解できず、対応することもできない。

『スティーブ・ジョブズがデザインしていた未来』
(川北 蒼/著)

20世紀末ごろに提唱された”モノのインターネット”という概念を実際に実現させた先駆者はアップルの元最高経営責任者スティーブ・ジョブズである…インターネット黎明期からそれがもたらす新たな産業革命の未来に興味をもっていた筆者は、こう断言する。本書では、さまざまなモノがインターネットでつながり始めた<モノのインターネット>時代の特徴や現状、見通しを解説する。

推薦者 入山章栄
顔画像

『戦略の原点』
(清水 勝彦/著)

「迷ったら基本に戻れ」とは、どんな分野でも言われることだ。戦略コンサルタントを経て、現在、テキサス大学のMBAコースで経営戦略論を教えている著者は、自身の経験を踏まえ、敢えて基本中の「基本」の事項に絞って本書を執筆したという。