書評『社長の心得』
小宮一慶/(著)

  • 目次
  • 著者プロフィール
序章 良い会社とは何か、社長の仕事とは何か
第1章 社長・社員の基礎力を高める
第2章 社長が持つべき仕事観
第3章 社長が知っておくべき人材育成の要諦
第4章 社長としての人物力
著者:小宮 一慶
経営コンサルタント。株式会社小宮コンサルタンツ代表。十数社の非常勤取締役や監査役、顧問も務める。1957年、大阪府堺市生まれ。81年に京都大学法学部卒業。東京銀行に入行。84年7月から2年間、米国ダートマス大学経営大学院に留学。MBA取得。帰国後、同行で経営戦略情報システムやM&Aに携わったのち、岡本アソシエイツ取締役に転じ、国際コンサルティングにあたる。
その間の93年初夏には、カンボジアPKOに国際選挙監査員として参加。 94年5月からは、日本福祉サービス(現セントケア)企画部長として在宅介護の問題に取り組む。96年に小宮コンサルタンツを設立し、現在に至る。 2012 年、名古屋大学経済学部非常勤講師に就任。主な著書に、『どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」養成講座』『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』等、ディスカヴァーのビジネスマンシ リーズ、ならびに『ビジネスマン手帳』のほか、『「1秒!」で財務諸表を読む方法』 (東洋経済新報社)、『あたりまえのことをバカになってちゃんとやる』(サンマーク出版)、『日経新聞の数字がわかる本』(日経BP社)他多数。

書評レビュー

本書は、経営コンサルタントとして著名な小宮一慶氏が、さまざまな経営の現場から得た、社長やリーダーとしての正しい姿勢・考え方を凝縮して伝えた一冊。

著者は20年以上にわたり経営コンサルタントとして活躍し、現在も十数社の監査役、役員、顧問などを務めている人物。本書では経営の本質、原理原則、経営者としての正しい考え方や生き方、といった、まさに経営の「心得」といえる内容が語られています。

「社長にしかできないこと」にフォーカスする

本書は著者の丁度100冊目の著書ということですが、著者は自らの仕事(経営コンサルタント)という仕事を、多くの経営者の経験を集約することであると語っています。

また、日本の大多数の方は何らかの形で会社法人に属しています。それゆえ、著者は日本に200万社以上ある会社の社長が良くなれば、社員が良くなり、そして日本が元気になる、という循環の中にこそ日本を良くする要であると語ります。

本書では、「良い会社」や「社長の仕事」の定義から、社長が持つべき「人材観」「仕事観」などのテーマで95の項目が取り上げられています。経営戦略や財務的アドバイスなどにはあまり言及されていませんが、著者はそれらは一度勉強すれば、あとは実践の中で会得するものであると語ります。

それゆえ本書は、あえて「社長にしかできないこと」にフォーカスされた内容となっています。この書評ではそのいくつかをご紹介します。

良い会社とはなにか

本書はまず「良い会社」の定義からはじまります。良い会社の定義、つまり理想像を常に根底においた経営というのが必要だからです。

著者の定義は非常にシンプルで、次の3要件を満たす会社が良い会社であると定義します。

1.お客様に喜ばれる商品・サービスを提供して社会に貢献する会社
2.働く人が幸せな会社
3.高収益の会社

このどれかひとつでも欠けていれば、良い会社とは言えません。一般に良い会社といわれている企業を想像してみると、この定義がシンプルながら本質をついたものであることがわかると思います。

高収益だからこそ、商品と、従業員へ再投資できる…従業員が幸せに働くからこそ良い商品、高収益体質が実現できる、良いサービスを提供するからこそ高収益が実現できる…といった風にどこから始めても、やはりこの3要件が必要であることがご理解いただけると思います。

褒めることとおだてること

また本書では社長が行うべき「人材育成」についても一章が割かれ、丁寧に解説されています。その一説をご紹介すると、次のようなものです。

『「褒める」とは良いところを良いと言うことである。ダメなところを良いと言って、「おだてて」はいけない。』

著者は褒めて育てるという考え方には共感を示しつつも、社長は「褒める」ことと「おだてる」ことの違いをしっかりと理解しないといけないと語ります。

些細なことにうるさすぎたり、逆に大事なこと(会社の原理原則に反するようなこと)に対して厳しく指摘できないのであれば社長は務まらないというのは容易に想像できるのではないでしょうか。

まとめと感想

本書は中堅中小企業の社長を主な読者として書かれていますが、上記のように社長のみならず、マネジメントに携わる人間や、これからリーダーを目指していく人間が肝に銘じておかなければならない内容が多く書かれています。

本書で語られている内容は、極論すれば経営や人生の原理原則を守ること、に尽きます。その意味で本書は社長にしかできないこと、社長が守るべき原理原則が明確に定義された「心得」として何度も繰り返し味わえる一冊です。ぜひご一読下さい。

新刊ビジネス書を「要約」でチェックできるプレミアム版も人気です

book-smartとは