書評『ハーバード戦略教室』
(シンシア・モンゴメリー/著)

  • 目次
  • 著者プロフィール
シラバス 企業のオーナー・経営者だけが受けられる講義
第1講 三五の国から一六四名の経験豊富なリーダーが集まった
第2講 最初の課題「マスコの異業種参入」をクラス全員で検討
第3講 「スーパーマネージャー」の失敗にどよめく受講生
第4講 イケアの躍進が示す、会社の「目標」の重要性を議論
第5講 ファッションという意外な業界に、目標を実現する戦略の例を見る
第6講 今度は受講生の番だ。独自の戦略を立てるメソッドを明かす
第7講 最後のケーススタディで、戦略決定後も続く戦いを知る
最終講 最後にストラテジスト、そして戦略の本質を語る
著者:シンシア・モンゴメリー
 ハーバード・ビジネス・スクール教授。ハーバード大学で20年以上にわたって教壇に立つ。特に近年は世界中の会社のオーナー、経営者のみに向けたエグゼクティブ・プログラムの戦略論の講義で高く評価される。ハーバード・ビジネス・スクール・グリーンヒル賞を受賞。ハーバード・ビジネス・レビューの主要寄稿者であるほか、フィナンシャル・タイムズ、アメリカン・エコノミック・レビューなど数多くの経済誌・紙に寄稿。『ハーバード戦略教室』が一般向けで初の単著となる。

書評レビュー

本物のストラテジスト(戦略家)を目指すための授業

本書は、ハーバードビジネススクール(HBS)で、企業の創業者、経営者限定で開講されているという、実践的な『戦略教室』を紙上で再現した一冊。

著者は、ハーバード・ビジネススクールで20年以上講義し、ハーバード・ビジネス・レビュー、フィナンシャル・タイムズ誌などへも多く寄稿するなど、企業戦略の専門家として評価が高い、シンシア・モンゴメリー教授。

この講座の受講条件は「年間売上高が10億円~2,000億円の企業のオーナーまたは経営者」となっており、まさに経営者のための実践講義の場となっているようです。

著者は、この講座(本書)の目的を、現場からかい離してしまった戦略論を経営者自身の手に取り戻すことであると述べています。

著者は「ストラテジスト(戦略家)」を「専門家の分析および洞察や、ハウツー本の教えだけでなく、正しい判断力と責任感を持って継続的にその取組を導く指揮官」と定義し、経営者がストラテジストとして知らなければならない必須の戦略知識とスタンスを、わかりやすく解説していきます。

ケース・スタディから学ぶ戦略思考とリーダーシップ

本書では講義形式で、さまざまなケーススタディを通して進められますが、「戦略」はもちろんオーナー経営者が陥りやすい失敗や、マインドに着目されている点が特徴です。

例えば、最初に取り上げられるケーススタディでは、旧態依然とした家具業界に、異業種(住宅建材業界)の雄「マスコ」社が果敢に挑戦し、敗退していく事例が描かれています。

ここでは、一般的に信じられている「スーパーマネージャー神話」(優れたマネジャー・経営者はどのような業種、業界においても、素晴らしい結果を出す)についての誤りが明らかにさます。

どういうことかと言うと、各業界には「産業効果(インダストリー・エフェクト)」と呼ばれる業界の競争環境を形づくるさまざまな経済的な影響が存在し、ひとつの企業、経営者個人がいかに優れていてもあらがえない壁があるということです。

これは各業界の利益率(自己資本利益率)を見ればイメージしやすいと思いますが、たとえば高利益率で知られるネットビジネス企業と、低利益率の自動車メーカーでは、決して自動車メーカーの経営者が劣っている、ということではないはずです。

名経営者と知られるGEのジャック・ウェルチは、当時GEが手掛けていた様々な業界のNo.1,No.2を残し、事業売却を推し進めましたが、これも彼自身が、経営者の手腕ではコントロールできない業種業界があることを理解していたからこそできたことです。

まとめと感想

本書では戦略の骨子となる「決定的な独自性」や具体的な戦略の立て方、企業の「目標」の重要性についても一章を割いて語っていますが、その中でそもそもの企業の存在意義について、厳しい質問を投げかけています。

「もし今日、あなたの会社が消えたら、明日世界は変わっているだろうか?(中略)もし世界が変わらないのであれば、あなたの会社が消えても、誰も嘆いたりしないだろう。そしてもし、その喪失を誰も嘆かないのであれば、あなたは必要とされていると言えるのだろうか?」

著者はその答えを見つける人物こそ、企業をけん引するリーダーであり、ストラテジストである受講生であるとアジテートしています。このように本書はいたずらに理論的な内容に偏ることなく、リーダーとしての「行動」を促す講義形式ならではの良書だと思います。

著者はこの講義のことを経験を積んだリーダーのためのブートキャンプ(新兵訓練所)である、と書いているように、「戦略」「リーダシップ」などに興味関心がある方にとっては、業界問わずお薦めできる一冊です。

新刊ビジネス書を「要約」でチェックできるプレミアム版も人気です

book-smartとは