書評『逆境経営―山奥の地酒「獺祭」を世界に届ける逆転発想法』
(桜井 博志/著)

  • 目次
  • 著者プロフィール
はじめに
第1章「負け組」の悲哀を忘れない
第2章 大失敗から学ぶ
第3章 捨てる勇気を持つ
第4章 「できること」と「やるべきこと」をはき違えない
第5章 常識や慣習にとらわれない
第6章 伝統が持つ奥深さを侮らない
第7章 発信しなければ伝わらない
第8章 打席に立ったからには、思い切りバットを振る
おわりに
資料/日本酒ができるまで
著者:桜井 博志
旭酒造代表取締役社長
1950年、山口県周東町(現岩国市)生まれ。家業である旭酒造は、江戸時代の1770年創業。1973年に松山商科大学(現松山大学)を卒業後、西宮酒造(現日本盛)での修業を経て、76年に旭酒造に入社するも、酒造りの方向性や経営をめぐって父と対立して退社。79年に石材卸業の桜井商事を設立し、年商2億円まで育成したが、父の急逝を受けて84年に家業に戻る。研究を重ねて純米大吟醸「獺祭」を開発、業界でも珍しい四季醸造を導入したり遠心分離機を活用するなど、「うまい酒」づくりに向けた仕組化を進めてきている。

書評レビュー

日本酒をよく飲まれる方はご存じかと思いますが、美味しく、そして価格も手ごろなお酒として、純米大吟醸ジャンルで熱烈な人気を誇り、さらに海外進出を果たすなど、その勢いはとどまることを知らない「獺祭(だっさい)」というお酒があります。

本書は、この「獺祭」の蔵元「旭酒造」の社長が語る、「獺祭」の誕生秘話と自身の経営論・思考法をまとめた一冊です。

逆境を乗り越えるための経営論と思考法

「獺祭」といえば、メディアでも盛んに取り上げられ、海外進出も積極的に行い、今年の夏ごろには、なんとパリのシャンゼリゼ通りに直営の小売店併設レストラン&バーを出店する予定となっているそうです。

また社長である「桜井博志」氏も「カンブリア宮殿」に出演するなど、その経営手腕を評価されています。そんな「獺祭」の成功ストーリーは、実は山口県の奥深く、倒産の危機から夜も眠れないという状況からスタートしました。

社長でもある著者が、山口県の酒造メーカー「旭酒造」を引き継いだ時、日本酒マーケットは右肩下がり、そして、旭酒造の売上高もそれを上回るペースで前年比85%ダウンと非常に厳しい、文字通りの「逆境」だったといいます。

そんな逆境下で、いかにして「獺祭」を、日本を代表する日本酒ブランドにまで育て上げたのか…、本書では、この「獺祭」の成功ストーリーに沿って、社長である桜井氏が苦悩と挫折を通じて得た、成功のための経営論と思考法が紹介されています。

伝統にはこだわるが、手段にはこだわらない

当時、旭酒造は山口県の中でも零細地酒メーカーでしたので、競合他社と同じやり方をしても勝ち残ることは不可能でした。

そこで、著者は、当時の酒造メーカーの常識にとらわれず、経営者として正しいと思う施策をどんどん打ち出していきます。

その最たる例が「四季醸造」です。

日本酒業界では、日本酒をつくるのは冬場のみ、というのが一般的な考え方でした。

これは、日本酒を造るのは農家を兼任している「杜氏」が行い、オーナーかつ経営者である「蔵元」は酒造りには一切かかわらない、という完全な「請負制」が業界の根底にあったためです。

杜氏は農家であるため、本業が暇な冬場にしか仕込みの時間が取れないということから、冬場にしか仕込みができなかった、というのが実情でした。

また、杜氏のやる気や腕前で、自社の日本酒のクオリティが変動してしまい、本当に自分たちで作りたい日本酒がつくれずに、歯がゆい思いをしたことが多々あったとのこと。

そこで、旭酒造では、業界の常識をくつがえし、社員が日本酒をつくることにしたのです。

これを実現するために、著者は、今まで杜氏の経験や勘で行われていた日本酒製造のプロセスをマニュアル化するとともに、アルコール度数などを数値化・分析するなど、合理的な方法をどんどん採用しました。

これにより、一年中、安定したクオリティで日本酒を提供できる「四季醸造」が可能になったのです。

『私は伝統産業として酒造の仕事に誇りを持っていますが、手法にこだわりはありません。常に、より優れた酒を目指して「変わる」ことこそ、旭酒造の伝統でありたいと思っています。』

負けることの苦さを知り、生き残るために何をすべきかを常に考えていたという著者の言葉だけに、非常に重みがあるメッセージでした。

まとめと感想

逆境下にありながらも、ぶれずにユーザーの「おいしい」の一言を追求した著者の姿勢には、食品メーカーのみならず、多くの企業のマネジメントクラスの方も共感を覚えるのではないでしょうか。

また、ここまで成功を収めながらも、『日本の食の文化に自信を持って、大事にしながら、「獺祭」を広めていきたい』という想いのもと海外展開を進めていく著者の経営論は、いろいろな気づきを与えてくれる一冊です。

新刊ビジネス書を「要約」でチェックできるプレミアム版も人気です

book-smartとは