書評『THINK LIKE ZUCK マーク・ザッカーバーグの思考法』
(エカテリーナ・ウォルター/著)

  • 目次
  • 著者プロフィール
第1章 Passion 情熱
第2章 Purpose
第3章 People 人材
第4章 Product 製品
第5章 Partnership パートナーシップ・協力
著者:エカテリーナ・ウォルター(Ekaterina Walter)
 ソーシャルメディアの第一人者。著書に『Think Like Zuck』(日本未紹介)がある。『フォーブス』『ファストカンパニー』『ハフィントン・ポスト』などのサイトに記事を寄稿。インテルやアクセンチュアのブランド戦略とマーケティングを担当し、「BRANDERATI」の共同創設者兼CMO(最高マーケティング責任者)としても活躍する。2012年に「ソーシャルメディア界を揺り動かした25人の女性」に選ばれ、2013年には「年間マーケター賞」にも輝いた。「口コミマーケティング協会」理事。サンダーバード国際経営大学院で、国際マネジメント修士を取得。オレゴン州ポートランド在住。

書評レビュー

起業家精神は誰にでも必要

本書は、ソーシャルメディアの第一人者として大企業のブランド戦略やマーケティングを担当した著者が、フェイスブックを始めとした世界を変える企業トップの発想法を解説した一冊。

国にたとえれば世界第3位の規模を持ち、70言語以上が使われているという規模にまで成長したフェイスブック。本書では、このフェイスブックの歴史を振り返りながら、トップであるマーク・ザッカーバーグ氏が一大帝国を築き上げた秘密に迫っていきます。

著者は、フェイスブックや複数の成功企業の事例を挙げながら、これらの企業の最たる特長は、その起業家(アントレプレナー)自身にあると述べます。そして、彼ら起業家のビジネスに対する姿勢は、起業家ではない人々にも参考にすべき点が大いにあるとしているのです。

『情熱に燃え、自分のビジョンをとことん追求し、(どんなに小さなことでも)世の中を変えたいという強い思いがあれば、誰でも新しい道を切り開くことができるはずだ。』

「5つのP」で考えれば、仕事はぐんぐん面白くなる

同氏は、企業内にいながら起業家精神を持つ者をイントラプレナー(社内起業家)と呼び、変化の激しい現代においては組織の規模に関わらず、彼らの存在が必要であるとしています。

そして、企業変革の最前線に立つ社内起業家の役割は、社内の立場に関係なく誰にでも担うことができ、本書ではそのために必要なエッセンスが解説されています。

そのエッセンスについて、著者は「複雑な世の中を根底から変えてしまう力を秘めている」5つのポイントを取り上げ、それぞれを詳細に解説しています。

「5つのP」
1.情熱 (Passion)
2.目的 (Purpose)
3.人材 (People)
4.製品 (Product)
5.パートナーシップ (Partnerships)

本書評では、これらにおいて最も重要とされる「情熱」について一部をご紹介します。

『本気で夢を追う人間に「失敗」という言葉はない』

幼少の頃よりコミュニケーションを支えるプログラミングに夢中だったザッカーバーグ氏は、大学時代にフェイスマッシュというプログラムを完成させました。これは「大学内における美人投票サイト」で、瞬く間に学内の人気をさらいます。

しかし、彼は学生の情報を大学に無断で借用したことから、不正な個人情報利用として処分を受けることとなりました。この経験について、本人は失敗とはまったく捉えていなかったといいます。

まず、オフラインの交友関係をオンラインにも持ち込みたいという巨大なニーズの存在に気づいたことがフェイスブックというサービスを考えるきっかけとなりました。またフェイスブックでは、フェイスマッシュの教訓から、個人情報管理を徹底したといいます。

このように、ある経験について通常失敗と思われることが、見方を変えれば身をもって学んだ教訓になるとしており、その明暗を分けるものこそが情熱である、と述べられています。

まとめと感想

本書では、フェイスブックの成長理由についてマーク・ザッカーバーグ氏に焦点を当てながら綴られ、そこから私達が学べることをエッセンスとして解説する、という手法がとられています。

今では多くの人が利用しているフェイスブックだけに、その舞台裏を知るドキュメンタリーとしても非常に楽しめますし、かつ読者の人生を改善するためのヒントが散りばめられた、非常に濃い内容となっています。

フェイスブックやザッカーバーグ氏に興味のある方、また起業家や経営者の方はもちろん、「社内起業家」を目指すすべてのビジネスパーソンの方々にお薦めしたい一冊です。ぜひ手に取ってご一読下さい。

新刊ビジネス書を「要約」でチェックできるプレミアム版も人気です

book-smartとは