書評『嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え』
(岸見 一郎、古賀 史健/著)

  • 目次
  • 著者プロフィール

第1夜 トラウマを否定せよ
第2夜 対人関係がすべてである
第3夜 他者の課題を切り捨てる
第4夜 あなたの居場所はどこにあるか
第5夜 幸福に生きる条件とは
著者:岸見一郎
哲学者。1956年京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門の哲学(西洋古代哲学、特にプラトン哲学)と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。精力的にアドラー心理学や古代哲学の執筆・講演活動、そして精神科医院などで多くの“青年”のカウンセリングを行う。日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問。

著者:古賀史健
フリーランスライター。1973年生まれ。書籍のライティング(聞き書きスタイルの執筆)を専門とし、ビジネス書やノンフィクションで数多くのベストセラーを手掛ける。インタビュー原稿にも定評がある。

書評レビュー

本書は心理学者「アルフレッド・アドラー」が提唱した「個人心理学(アドラー心理学)」から対人コミュニケーションの極意を解説した一冊。「アルフレッド・アドラー」と言われて、ピンときた方はそれほど多くないのではないでしょうか。精神分析学や心理学といえば、「フロイト」や「ユング」が有名ですが、世界的には、この二人に、アドラーを加えて、「心理学会の三大巨頭」と並び称されているそうです。

これを裏付けるかのように、自己啓発の世界的ベストセラーとして古くから読まれている、デール・カーネギーの「人を動かす」やスティーブン・コヴィーの「7つの習慣」にも、アドラーの提唱する「個人心理学(アドラー心理学)」が強い影響を与えていると言われています。

本書では、アドラー心理学を修めた哲学者である「哲人」と、対人関係を中心とした悩みを抱える「青年」のダイアローグ(対話形式)で、アドラー心理学のエッセンスを分かりやすく解説するという構成になっています。

すべての悩みは「対人関係の悩み」である

人間は社会生活を営んでいく上で、上司、部下との関係、家庭内(パートナー)の関係など、いろいろな悩みを抱えています。

ビジネス、プライベート、様々なシーンにおいて、抱えている悩みの種類は異なるようにも思えます。しかし、これらの悩みについて、アドラーは次のように断言します。

『人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである』

つまり、人間は他者の存在を過剰に意識しているがゆえに、様々な種類の劣等感(本書中では、本当の意味での「劣等感」とは異なるとして、あえて「劣等コンプレックス」と呼んでいます)だったり、孤立感を感じてしまうというものです。

本書の中で、哲人はこのように述べています。

『個人だけで完結する悩み、いわゆる内面の悩みなどというものは存在しません。どんな種類の悩みであれ、そこには必ず他者の影が介在しています。』

言い換えれば、他者が存在しなければ悩みというものは存在すらしない、ということになります。確かに、自分との比較の対象さえいなければ、自分の置かれている境遇や欠点などに対して悩むことはなくなるのではないでしょうか。

課題の分離~「嫌われる勇気」とは?

それでは、すべての悩みの根底にある「対人関係の悩み」を解消するためにはどうすればよいのでしょうか。

本書では、そのためにとるべき行動が多数紹介されていますが、この書評では、特に印象に残った「課題の分離」について紹介します。哲人は、「対人関係の悩み」がなぜ発生するのかについて、次のように解説します。

『およそあらゆる対人関係のトラブルは、他者の課題に土足で踏み込むこと-あるいは自分の課題に土足で踏み込まれること-によって引き起こされます。』

我々は、日常生活において、ついつい他者からどう思われているのだろうか、という評価を考えがちです。これは「承認欲求」の表出ともいえます。

しかしもう一段深く考えてみると、「他者からの評価」はあくまでも他者が行うことであり、自分が介在できる余地はありません。つまり、他者の「課題」なのです。

そして、もし仮に、他者からの評価をあげ、期待に応えようとすれば、結果として、それは自分の人生ではなく、「他者の期待を満たすために生きる」ことになってしまいます。著者は、これこそが大きなストレスや悩みの原因であると指摘しています。

それゆえ、この「承認欲求」を抑え、自分自身の「課題」に集中すると同時に、他者を自分の「課題」に介在させないようにする必要があるのです。簡単に言うと、目の前にある荷物(=課題)が、自分の荷物か他人の荷物かをしっかりと見極め、自分の荷物をもつことに集中するべきだ、ということです。

もっとも、これは自分勝手に生きろ、という意味ではなく、あくまでも自分を変えられるのは自分だけなので、自分に集中しなさい、という考え方を示しているにすぎません。(哲人も、他者のサポートを行うことを否定していません)哲人は、これを踏まえて、「自由とは、他者から嫌われることである」と述べているのです。

まとめと感想

本書のタイトルにもなっている「嫌われる勇気」は、ここまで解説してきた通り、進んで嫌われることをしろということではなく、自分のことをよく思わない人がいても、それは自分の課題ではないので、気にしなくいい、ということを示しています。

本書ではほかにも、過去の体験が現在の自分に影響を与えているという考え方(いわゆるトラウマ)を否定し、それは自分を変えようとする勇気がないだけであると断言するなど、一見すると、厳しい言葉が並んでいます。

しかし、裏を返せば、過去に執着しても現在の自分は変えられないので、今にフォーカスをあてて精一杯生きるべきであるというポジティブなメッセージでもあります。

本書は最後まで読んで、初めてアドラーのメッセージの意味が分かるような構成になっていますので、厳しいメッセージにも目を背けず、ぜひ最後まで読み進めてみてください。対人関係を考える上でとても参考になる良書だと思います。

新刊ビジネス書を「要約」でチェックできるプレミアム版も人気です

book-smartとは