無料書評レビュー(マネジメント・リーダーシップ・組織 ジャンル)

書評『世界で最もイノベーティブな組織の作り方』
(山口 周/著)

本日紹介するのは、「日本人はイノベーションに不向きなのか?」を切り口に、イノベーションを生み出すための組織とリーダーシップを考察した一冊。新書なのでどんどん読み進めることができますが、イノベーションとリーダーシップに関する古今のあらゆるエピソードや研究結果が取り上げられており、

書評『ウォール・ストリート・ジャーナル ザ・マネジメント』
(アラン・マーレイ/著)

世の中には、「マネジメント」と名の付く著書が数多く執筆されていますが、その中からどのような本を選び読めばいいのか、分からないのが実情ではないでしょうか。特に、マネジメントクラスになった時に、

書評『プロフェッショナルマネジャーの仕事はたった1つ』
(高木 晴夫/著)

本書はマネジメントについての「たった一つの重要なこと」をわかりやすく解説する一冊。もともとは、慶應大学ビジネス・スクールで行った「白熱のマネジメント特別講義」の内容が書籍化されたものです。それゆえ、

書評『マネジメントとは何か』
(スティーブン P. ロビンズ/著)

本書は累計600万部超の発行部数を誇る、マネジメントの教科書の著者、スティーブン・P・ロビンズによる、実践的なマネジメントの原理を示した一冊です。マネジメント手法の何が正しく、何が間違っているのか、また、

書評『アメリカの「管理職の基本」を学ぶマネジメントの教科書』
(エドワード・T・ライリー/著)

本書は90年以上の歴史を持つマネジメント研修機関が蓄えた、実務とノウハウの基本を紹介したマネジメントの教科書ともいえる一冊です。筆者は、かのピーター・ドラッカーがアドバイザーとして50年以上も支援したという、

書評『人を動かせるマネジャーになれ!』
(ブライアン・トレーシー/著)

世界的に著名な人材トレーナーでベストセラー作家(『フォーカル・ポイント』や『カエルを食べてしまえ!』など)でもあるブライアン・トレーシー氏が、「人を動かせるマネジャー」になるために必要な考え方とテクニックを具体的に解説。

書評『「現代型うつ」はサボりなのか』
(吉野 聡/著)

本書は、最近メディアでもよくとりあげられている「現代型うつ」について、産業医である著者がその正体と職場での対処対策を論じた一冊。著者は、精神科医師として「産業医」業務に携わってきた

書評『出光佐三の日本人にかえれ』
(北尾 吉孝/著)

本書はベストセラー「海賊とよばれた男」で話題となった出光興産創業者・出光佐三の思想を、こちらも著名なSBI(ソフトバンクインベストメント)ホールディングス代表の北尾吉孝氏が解説した評伝です。

書評『独裁者のためのハンドブック』
(ブルース・ブエノ・デ・メスキータほか/著)

本書は題名こそ「独裁者のためのハンドブック」(原著もThe dictator's handbook)ですが、本書の目的は独裁政治のためのマニュアルではなく、独裁者たち自身も支配されている構造・ルールを知ることで、独裁政治に対抗していこう、というもの。著者の2人は、

書評『部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書』
(出口 治明/著)

本書は、岩瀬大輔氏とともに60歳でライフネット生命を創業し現在はCEOの出口治明氏のマネジメントの教科書的一冊。特にサブタイトルにあるように、プレイングマネジャーではなく、「任せる」マネジャーになるための考え方から実際の業務の振り方まで、

書評『ウォートン・スクール ゲーミフィケーション集中講義』
(ケビン・ワーバックほか/著)

本書は、MBAで有名な「ペンシルべニア大学ウォートン・スクール」で実際に講義されている「ゲーミフィケーション」講座の内容をまとめた一冊。「ペンシルべニア大学ウォートン・スクール」といえば世界最古のビジネス・スクールであり、アメリカのビジネスウィーク誌による大学ランキングで10年連続ナンバーワンに輝いた世界トップクラスのビジネス・スクールです。

書評『意外と会社は合理的 組織にはびこる理不尽のメカニズム』
(レイ・フィスマン、ティム・サリバン/著)

本書は、コロンビア大学ビジネススクール教授が、組織が発展・成長する上で直面するトレードオフ(理不尽さ)について解説した一冊です。著者は、世界の大学ランキングトップ10に常時ランキングし、ビジネススクールとしても有名なコロンビア大学で、組織経済学の教鞭をとっている人物です。いま現在、

書評『「権力」を握る人の法則』
(ジェフリー・フェファー/著)

組織人として成功を収めるためにはどうすればよいのでしょうか?本書は、いわゆる「立身出世」を遂げて「権力」を握るために、必要となる渡世術や考え方とうテーマを正面から解説した一冊です。「Power」の翻訳版として出版され「立身出世」のためのバイブルとしてベストセラーに

書評『ミツバチの会議: なぜ常に最良の意思決定ができるのか』
(トーマス・D・シーリー/著)

本書は「ミツバチ」の分蜂(巣分かれ)の際に行われる集団的意思決定プロセスと、それをどのようにして人間社会に応用できるのかを解説した、いわゆる「行動分析」の本です。筆者はハーバード大学でミツバチ研究の博士号を取得し、現在コーネル大学生物学教授として活躍している人物です。

書評『並外れたマネジャーになる 80対20の法則』
(リチャード・コッチ/著)

本書は、世界的ベストセラー『人生を変える 80対20の法則』の著者による、少ないインプットで最大限のパフォーマンスを達成するマネジメントクラスになるための方法をまとめた一冊。著者の「リチャード・コッチ」氏は経済学の法則である「80対20の法則」を、

書評『リーダーにカリスマ性はいらない 』
(赤井 誠/著)

本書は「シリコンバレーの父」と呼ばれる「ヒューレット・パッカード」の日本法人で、リーダー経験が全くないながらも300億円規模の事業を成功させたプロジェクトマネージャーの仕事術を紹介した一冊です。著者はHP(ヒューレット・パッカード)で「伝説のマネジャー」と呼ばれ、

書評『元祖プロ・コーチが教える 育てる技術』
(ジョン・ウッデン/著)

本書は米国大学バスケットボール史上、最も優れたコーチと呼ばれ、スポーツ界のみならずビジネス界からも称賛を集める「ジョン・ウッデン」氏の実体験に基づいた、人材育成・マネジメント哲学(スキル)を紹介した一冊。題名に「元祖プロ・コーチが教える」とあるため一見すると、

書評『クラウドストーミング 組織外の力をフルに活用したアイディアのつくり方 』
(ショーン・エイブラハムソンほか/著)

本書はスターバックスをはじめ有名なグローバル企業がこぞって採用し成功をおさめている、外部人材を活用した新しいアイディア創出の方法「クラウドストーミング」を解説した一冊です。新規ビジネスを企画する際などに、チームメンバーとブレインストーミングを行った経験をお持ちの方は、

書評『なぜ、わかっていても実行できないのか 知識を行動に変えるマネジメント 』
(ジェフリー・フェファーほか/著)

「何をすべきか理解しているにも関わらず、なぜか行動にうつすことができない・・・」、今回ご紹介するのは、多くの企業が抱えている「どうすれば行動を起こせるのか」という課題を解決する、組織変革のためのマネジメント術を解説した一冊です。著者は、スタンフォード大学で教鞭をとる人気教授であり、

書評『トップは志(ひと)をつくりなさい』
(西田芳明/著)

本書は「進和建設工業」の代表であり、「建設業界のカリスマ」といわれる西田芳明氏が、自身の経営哲学とその手法を解説した一冊。著者は大阪の地域密着型経営で、マンション建築、資産コンサルティング事業などで業績を伸ばし、またその「人づくり」をミッションにした経営が、

書評『新人を1か月で即戦力に変える教科書』
(水野元気/著)

本書は「新人」のやる気に火をつけ、「即戦力」人材に変えるためのプレイングマネジャーの教科書的な一冊。著者は株式会社情熱 代表取締役として、企業研修などで人材育成に携わる水野元気氏。社名の通り人の「情熱」に火をともすことにフォーカスした研修が好評を得ています。

書評『58の物語で学ぶリーダーの教科書』
(川村 真二/著)

本書は、松下幸之助、稲盛和夫、小倉昌男、本田宗一郎をはじめとする、名だたるビジネスリーダーの実話をもとに、リーダーに求められるマインド、リーダーシップ、人心掌握、人材育成などを解説した一冊。昇進や起業などでこれから新たに、

書評『稲盛和夫の経営問答 従業員をやる気にさせる7つのカギ』
(稲盛和夫/著)

本書は、稲盛和夫氏が主宰する経営者の私塾・盛和塾の「経営問答」から「従業員をやる気にさせる」というテーマに沿って解説した一冊。稲盛氏の著作は何作もベストセラーになっていますが、本書では実際の盛和塾での質疑応答をもとに一問一答形式で書かれていることで、

書評『「徳」がなければリーダーにはなれない 「エグゼクティブ・コーチング」がなぜ必要か』
(岩田松雄/著)

本書は、スターバックスコーヒージャパンなどのCEOを務めた著者が、リーダーを育てるための「エグゼクティブ・コーチング」について解説した一冊。著者は、とある治療院の先生のアプローチを通じて、「コーチング」に通ずる考えに触れたといいます。コーチングとは、