2019 9月

新着

『2030年アパレルの未来―日本企業が半分になる日』
(福田稔/著)

近年「若者のファッション離れ」や「服が売れない」といった言説、百貨店の不振などが報道され、国内ファッション・アパレル産業を取り巻く環境は厳しさを増している。ただし目を世界に転じてみると、ファストファッションやラグジュアリーブランドが成長し、新興国中間層の拡大などによりアパレル産業自体も近年毎年成長しているのだ。

新着

『INSANE MODE インセイン・モード』
(ヘイミッシュ・マッケンジー/著)

近年「CASE」という言葉がメディアを賑わしている。コネクティッド(Connected)、自動運転(Autonomous)、シェアリング(Shared)、電気化(Electric)の頭文字をとったもので、自動車産業に起こりつつある 100年に一度の大変革の方向性を示すものだ。それに伴って、スタートアップや異業種からの参入も相次いでいる。

『世界史とつなげて学ぶ 中国全史』
(岡本隆司/著)

昨年来、米中貿易戦争がメディアに取り上げられない日はない。今後数十年の世界経済においては、米国が覇権を保ち続けるとも、中国やインドが台頭するとも言われている一方で、中国の景気減速傾向も明らかになりつつある。また、中国は尖閣諸島問題、南沙諸島や香港デモなど、東アジア全体の政治情勢にも大きな影響を与えている。

『本当に必要なことはすべて
「ひとりの時間」が教えてくれる』
(横田真由子/著)

SNSやスマートフォンの普及などで、「ひとりで過ごす時間」が持ちづらくなっている。そのため、最近では「SNS断ち」や「デジタル断食」などを勧める報道や記事を目にすることも多い。もちろんそれらも有効だが、そもそもの生き方や考え方が変わらないのであれば、一度やめてもまた元に戻ってしまうのではないだろうか。