2018 2月

『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』(葛西紀明/著)

45歳を過ぎた現在でも第一線で活躍し続けるスキージャンプ界の「レジェンド」葛西紀明氏は、19歳での初出場以降、計8回の冬季オリンピックを経験、41歳で迎えたソチ五輪では個人で銀メダル、団体で銅メダルを獲得した衰え知らずのアスリートだ。本書はそんな葛西氏が指南する「40代以上のビジネスパーソン」のための心と体づくりの教科書だ。

『大前研一 2018年の世界~2時間でつかむ経済・政治・ビジネス、今年の論点~』

本書は『大前研一ビジネスジャーナル』特別編として、2017年の世界の「経済」「政治」「ビジネス」動向から「2018年の世界」を予測、企業と個人がどう対処すべきかを説いている。大前氏は 、2017年は世界の「潮目が変わった年」であり、同時に日本が長期衰退することが明確になった年であるとする。

『遠ざけの法則―万人受けを狙わない熱狂的なファンのつくり方』
(中山マコト/著)

顧客を集め、ビジネスを成功させるには様々なやり方があるが、消費者の趣味趣向が多様化・細分化するなかで注目されているのが、万人受けを狙わない戦略、すなわちサービス・商品の個性や特長を極限までとがらせる手法だ。ただし、こだわり切ることで、一定の顧客には嫌われることも覚悟しなくてはならない。

『隣の人の投資生活』
(工藤将太郎/著)

株式、投資信託、外貨、国債、保険、貯金など、資産形成・資産運用の手法には様々あり、どこから始めてればいいのか迷う方は多いだろう。本書はそうした悩みを金融エンタテインメント小説としてわかりやすく解説する、投資入門者にうってつけの一冊だ。この物語は、一生お金に困らないためのお金との付き合い方がテーマになっている。

『人生最後の英語鬼速やり直し』
(三木雄信/著)

英語力を上げたいと考えるビジネスパーソンは多いが、一念発起してTOEICの参考書を買ったり英会話教室に通ったりするものの、なかなか上達せず、いつの間にか勉強しなくなるというサイクルを繰り返しているケースも少なくない。どうすればそんな負のサイクルから脱出できるのか。そのヒントとなるのがソフトバンク社長 孫正義氏の英語だ。

『AIが神になる日―シンギュラリティーが人類を救う』
(松本徹三/著)

人工知能(AI)の加速度的な発展に伴い、「人間とAIはどう向き合うべきか」が毎日のように議論されている。そんな前代未聞の時代に、「AIが人類を滅ぼす」と警告する識者も少なくないが、本書は「AIが人間に代わって世界を支配しなければ、人類は滅びる」という大胆な仮説を提唱する。つまり、合理性や判断に不完全さを残す人類が今後の道を誤らないためには、正しい心を持ったAIが「神」となることが必要だということだ。

『サービスイノベーションの海外展開』
(伊丹敬之ほか/著)

日本企業の海外展開といえば製造業のイメージが強いが、近年では飲食・小売りなどサービス産業の進出も相次いでいる。ただし、サービス業は現地従業員が現地の顧客にサービスを提供するため、製造業とは異なる難しさが存在する。本書はそれらを乗り越えて海外でも大きな成功を収めた企業に着目し、サービス業における海外展開の要諦を探る。

『KAIKAする経営 次世代型経営モデルのススメ』
(一般社団法人 日本能率協会/編)

現在、国内外問わず、政治・経済ともに不確実性が高まりつつある。こうした時代に求められる経営の在り方とは、どのようなものだろうか。1942年の創設以来、時々の重要な経営課題に取り組み、一貫して経営革新の推進機関として歩んできた一般社団法人 日本能率協会(JMA)が新たな時代の経営モデルとして提唱するのが、「KAIKA経営」だ。