2016 7月

『ドラッカーを読んだら会社が変わった!』
(佐藤等/著)

本書は「現代経営学の父」と呼ばれるピーター・ドラッカーの著作に学び、成果をあげた10以上の事例をおさめたドラッカーの実践的教科書といえる一冊だ。イノベーション、マネジメント、マーケティング、時間管理など、経営の様々な問題を、ドラッカーの言葉によって乗り越えたストーリーが赤裸々に語られている。

『デジタル・ジャーナリズムは稼げるか』
(ジェフ・ジャービス/著)

インターネットの普及によって、メディアとジャーナリズムを取り巻く環境は激変した。その結果、新聞、雑誌などのメディアは軒並み部数減などに苦しみ、新たなビジネスモデルの模索が続いている。本書では、そのような時代において新たなメディアはどうあるべきか、旧来型メディアは生き残っていけるのかを探る。

『大前研一ビジネスジャーナル No.2』
(ユーザーは何を求めるか)

日本を代表する経営コンサルタント大前研一氏が、グローバルのビジネス情報をリアルタイムに解説、明日のビジネスにどう活かすかを考えるためのビジネスジャーナルの第二弾。今号では、シリコンバレーを中心としたテクノロジー市場の変化と、消費者の多様化を背景とした日本の消費者市場の大きな変化を取り上げている。

『未来化する社会』
(アレック・ロス/著)

20年後、あなたがいま従事する産業はどのように変化しているだろうか?本書はそんな疑問に、ヒラリー・クリントンの参謀として活躍した未来学者が答えた一冊だ。ロボット・ゲノム・暗号通貨・セキュリティ・ビッグデータ・新興国市場という6つのキーワードから、あらゆる産業が劇的な変化を遂げるという未来社会を描く。

『流れをつかむ日本の歴史』
(山本博文/著)

学生時代、日本史の教科書は年号と事件の羅列のように思え、いまひとつ面白さがわからなかったという方も多いのではないだろうか。それは、ひとつひとつの出来事の間のストーリーがつかめないからだ。本書はまさにそんなビジネスパーソンのために、「歴史の流れ」と全体像を理解するための一冊だ。

『大前研一ビジネスジャーナル No.1』
(強いグローバル戦略/脆いグローバル戦略)

本書は日本を代表する経営コンサルタント大前研一氏が、グローバルのビジネス情報をリアルタイムに解説し、明日のビジネスにどう活かすかを考えるためのビジネスジャーナルの第一弾だ。経営者向け非公開セミナーの内容をベースに、日本企業やビジネスパーソンが「世界で戦える競争力」をどうつけるのかをテーマとして掲げる。

『毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!』
(井ノ上陽一/著)

成果を上げ続けている人の中には、あまり仕事に追い立てられていないタイプがいる。著者によれば、彼ら「定時で帰っても給料が上がる人」の共通点は、「時間の本当の価値」を知っていることだ。それゆえ、彼らは時間の使い方に磨きをかけて時間あたりの仕事の密度が濃くなり、結果的に評価も上がって給料も上がる、という流れが作れる。

『ヤバすぎる経済学』
(スティーヴン・D・レヴィットほか/著)

本書は、テロ、犯罪、戦争からビジネス、家族や人生、成人指定の内容まで、刺激的なトピックスを経済学の知恵で読み解く一冊。著者は全世界 700万部の大ベストセラーとなった『ヤバい経済学』のコンビで、シリーズ最新刊として著者のブログ『Freakonomics.com』約 8,000本の中から 131の記事を厳選し、再構成したものだ。

『日本人の知らない HONDA』
(ジェフリー・ロスフィーダー/著)

トヨタと並び、日本を代表する自動車メーカー、ホンダ(本田技研工業)。同社は自動車のみならず、オートバイ、小型ジェット機やロボットなど、モビリティ全般での独創的な新技術でも知られている。だがトヨタに比べると、ホンダの強さに迫った書籍は意外なほど多くない。

『アクションリーディング 』
(赤羽雄二/著)

読書好きの方で、つい本を読み過ぎてしまうということはないだろうか?これは目的を持たず、読書のための読書をしてしまうから起こることだ。このような「受け身」の読書法に対して本書で提唱されているのが、「目的」と「行動」を意識した「攻め」の読書術である「アクションリーディング(行動読書)」である。