スキル・キャリア・自己啓発

スキル・キャリア・自己啓発に関するビジネス書籍の要約・書評の一覧です。
ビジネススキルや働き方、生き方やお金について、また教養力や多様な価値観を養う
文化・教養・歴史・哲学などの良書まで、新刊とロングセラーからおすすめの本をまとめています。

新着

『9割の会社はバカ―社長があなたに知られたくない「サラリーマン護身術」』(石原壮一郎、三矢晃子/著)

日大アメフト部やモリカケ問題、サービス残業やブラック企業、パワハラ、マタハラなど、現在「働き方」や「組織の横暴」が毎日のようにメディアで取り上げられている。本書は労使問題のプロである特定社労士が、そうした「会社や組織、上司の横暴」を撃退するテクニックを徹底解説してくれる一冊だ。

新着

『「うらやましい」がなくなる本』
(植西聰/著)

知らず知らずのうちに人と自分を比べて暗澹たる気持ちになったり、恵まれた境遇の人をうらやんだりといった、誰かを「うらやむ」気持ちはだれもが持っている。だが、その気持ちが強くなりすぎ、妬(ねた)みや僻(ひが)みになってしまうと、自信や意欲を失ってしまったり、感情的になって周囲からの信頼を失ったりと様々な問題を生み出す。

『Wait, What?(ウェイト、ホワット?)―ハーバード発、成功を導く「5つの質問」』

「質問」は適切に使えば、仕事や人生の質を向上させるために大いに役立つ。対話の相手への質問や自分自身への問いかけなどによって、膠着状態から脱したり、思わぬアイディアにたどり着いた経験がある方も多いはずだ。本書は、ハーバード大学教育大学院長を務める著者が、そんな本質的な「5つの質問」を解説した一冊だ。

『MBA 100の基本』
(グロービス、嶋田毅/著)

「基本」とは長い年月をかけて築き上げられてきたその分野のエッセンスであり、その重要性はスポーツや勉学に限らず、ビジネスにおいても変わらない。本書は、ビジネスにおける基本として、論理思考、問題解決、経営戦略、マーケティング、リーダーシップ、会計、ファイナンス、新事業創造などの11テーマ100のポイントをまとめたものだ。

『リンカーンのように立ち、チャーチルのように語れ』
(ジェームズ・ヒュームズ/著)

混沌とした時代の中では、リーダーの力強い個性や売り込みの力が重要となる。そうしたリーダーの存在感とメッセージを強めるのがスピーチの力だ。古代ローマの政治家からイエス・キリストのような聖人、軍人ナポレオン、現代の大統領まで、人の心を奮い立たせるリーダーはみな、力強い話し方(パワー・トーク)を会得していた。

『FP大家だけが知っている 資産形成に中古ワンルームを選ぶと失敗しない理由』
(齋藤岳志/著)

現在、不動産投資や投資用マンション購入のセミナーが多数開催されており、営業を受けたことがある方も多いはずだ。曰く、「自己資金10万円から始められる」「副業として最適」など、耳ざわりの良い言葉が語られることも多いが、本当のところはどうなのか。本書はそんな疑問に答える一冊だ。

『40代の自己啓発』
(網屋信介/著)

国立社会保障・人口問題研究所によれば、2050年には日本人女性の平均寿命は 90.29歳、男性で 83.55歳まで伸びると見込まれており、人生 100年時代が確実に近づいている。つまり 40代は今や折り返し地点ではなく、その後の人生の方が長いのだ。そして、多くの人は 50代、60代になったとき、40代の過ごし方を後悔しているのだという。

『最高の雑談力―結果を出している人の脳の使い方』
(茂木健一郎/著)

「雑談」というと、意味がない世間話やムダ話という印象は根強い。しかし雑談とは本来クリエイティブな行為であり、新しい発見やアイデアを生み出し、仕事にもプライベートにも大いに役立つものだ。さらに著者であり脳科学者の茂木健一郎氏によれば、雑談には脳機能を活性化させる効果もあるという。

『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』
(津川 友介)

テレビや本、インターネットといったメディアには、日々膨大な量の「○○が健康に良い」といった健康情報が流されている。だが本書によれば、これらの情報のほとんどは「科学的根拠のない健康情報」である。すなわち、ある食品や成分が健康に良いという研究結果がごく少数あるだけのものや、個人の経験談に過ぎないものが多いのだ。

『「AIで仕事がなくなる」論のウソ―この先15年の現実的な雇用シフト』
(海老原嗣生/著)

現在「AIに仕事を奪われる」といった議論がいたるところで展開され、それに対する反応は仕事を将来を案じる人、自分が現役の間は逃げ切れると楽観視する人などに分かれる。しかし、実は AIによる雇用崩壊を報告しているレポートでは、実際の現場を調べずに書かれていることが多く、現実的予測として議論のベースにするには危険が残るという。