小山龍介(Ryusuke Koyama)
株式会社ブルームコンセプト代表取締役

Ryusuke Koyama
大手広告代理店勤務を経て、米国サンダーバード国際経営大学院にてMBAを取得。帰国後は大手企業におけるキャンペーン統括や新規事業プロデュースに従事。

2010年、株式会社ブルームコンセプトを設立し、新商品開発や新規事業立ち上げのコンサルティングを行っている。『ビジネスモデル・ジェネレーション』(訳)、“IDEA HACKS!”をはじめとするハックシリーズなど著書多数。

読書について、「“情報を取り入れる読書”、“著者の思考に向き合う読書”の二種類がある。後者の対象は著者が何十年とかけた思考をまとめている書籍であることから、じっくりと時間をかけた分だけ得られるものがある」と語る。

代表著書として、『IDEA HACKS!2.0』『10年後もワクワクできる 20代の未来改造計画』『ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書』(訳)などがある。

   お薦め書籍一覧
 

代表的著書
            

BLOG   「LIFE HACK STREET」(RYUSUKE KOYAMA OFFICIAL BLOG)
Twitter  @ryu2net
Facebook株式会社ブルームコンセプト

次世代リーダーを目指す人に『読書』がどう活きるのか

10年ビジネスに関わっているだけでも、多くのブームが来ては去っていくのを経験します。今起こっていることも、数年後には風化して忘れ去られていくでしょう。

そうしたなかで、本当の、本物の、次の時代にも残る活動というのは、とても貴重なものです。そういったものにこそ、時間を費やし、人生をかけるべきなのです。ただ問題は、そうした本質的な活動は、多くの流行の中で見えにくくなっているということ。

読書がもたらしてくれるのは、そうした流行に流されない「曇りなき眼」。人生を導いてくれる、大きな指針となるビジョンです。