『エッセンシャル思考—最少の時間で成果を最大にする』
(グレッグ・マキューン/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 仕事がいつになっても終わらない…こんな状況のとき取り得る方法は、とにかく全てを根性で終わらせるか、最重要事項以外(または全て)を思い切って捨ててしまうしかない。当然納期直前にそうなれば大問題だが、そもそも「本質的(essential)」な仕事に集中することで、このような問題の発生を防ぐことができる。

 そのための方法論が本書で提唱される「エッセンシャル思考」だ。それは、物事を「より少なく、しかしより良く」やり遂げるための方法論である。その出発点となるのは、「本質的」な仕事を「選ぶ」こと。非本質的な仕事をいくら効率よくこなしても、意義ある成果を産み出すことはできないのだ。

 もちろん、「選択」とは「何かをやめる」ということである。そのため、本書では選んでも捨てられない、断ることができない…といった悩みや、再び「非本質的」なものごとで身動きできなくなってしまわない仕組みをつくる方法までが具体例ととも語られている。

 著者はコンサルティング会社CEOとして、アップル、グーグル、フェイスブック、ツイッター、などの錚々たる企業にコンサルティングを行っている人物。特に労働時間が長くなってしまう方や、「優先順位」付けに悩まれている方、自身の事業や仕事の「本質」とは何か考えたい方に非常に役立つ内容となっている。


著者:グレッグ・マキューン(Greg McKeown)
 シリコンバレーのコンサルティング会社THIS Inc.社CEO。世界中でエッセンシャル思考とリーダーシップについて講演。アップル、グーグル、フェイスブック、ツイッター、リンクトイン、セールスフォース・ドットコム、シマンテックなどの有名企業にアドバイスを与えている。スタンフォード大学でも教鞭を執る。本書および共著書『Multipliers: How the Best Leaders Make Everyone Smarter』は、ともに米国でベストセラー入りしている。2012年世界経済フォーラム「ヤング・グローバル・リーダーズ」選出。

著者:高橋 璃子(たかはし・りこ)
 翻訳家。京都大学卒業。訳書に『スタンフォードで大学で一番人気の経済学入門』『ウォール・ストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール』(いずれも、かんき出版)、『ウォール街の物理学者』(早川書房)、共訳書に『オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1』(早川書房)など。

PART1 エッセンシャル思考とは何か
第1章 エッセンシャル思考と非エッセンシャル思考
第2章 選択
第3章 ノイズ
第4章 トレードオフ

PART2 見極める技術
第5章 孤独
第6章 洞察
第7章 遊び
第8章 睡眠
第9章 選抜

PART3 捨てる技術
第10章 目標
第11章 拒否
第12章 キャンセル
第13章 編集
第14章 線引き

PART4 しくみ化の技術
第15章 バッファ
第16章 削減
第17章 前進
第18章 習慣
第19章 集中
第20章 未来
最終章 エッセンシャル思考のリーダーシップ

要約ダイジェスト

エッセンシャル思考とは何か?

 エッセンシャル思考は、より多くをこなすためのものではなく、やり方を変えるためのものだ。エッセンシャル思考になるためには、「やらなくては」「どれも大事」「全部できる」という思い込みを克服しなくてはならない。

 商業デザイン界の巨匠、ディーター・ラムスは、24歳のときレコードプレイヤーのデザインを担当することになった。当時のレコードプレイヤーといえば、重厚な木の覆いがついたものが一般的だった。

 ところがラムスは無駄な装飾をすべて排除してしまった。それは透明なプラスチックのカバーがついているだけのデザインで、世界中に大きな反響を呼び起こし、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集