『論語と算盤』
(渋沢栄一/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 「日本資本主義の父」。これは、著者「渋沢栄一」氏を称する言葉で、氏がいかに日本の商業界の発展に貢献してきたかをを如実に示している。氏は日本初の銀行である第一国立銀行(現在のみずほ銀行)をはじめ、キリンビール、東京海上、東京証券取引所など、生涯で約500社に及ぶ日本を代表する企業の設立に関わった。

 本書では氏が生涯を通じて目指した「企業の利潤と道徳を調和させる」という哲学が記されている。この、ビジネスにおける利益追 求を「算盤(そろばん)」、仁義道徳を「論語」としてたとえたものが書名となっている。

 これは、成功者だから言えるきれいごとだろうか。一読すれば、一貫してこのような思想を持っていたからこそ、膨大な数の会社を設立し軌道に乗せ、日本経済の発展に尽力できたことがわかるだろう。私利私欲で行動していたとすれば、とても達成できない偉業である。人が生きる上で大切にすべき本質をとらえ、100年以上読み継がれる名著。


著者:渋沢 栄一
 1840年、現在の埼玉県深谷市生まれ。元幕臣。67年徳川昭武に随行してヨーロッパ諸国を歴訪。維新後、69年明治新政府に仕官、民部省、大蔵省に属する。73年健全財政を主張して辞任後は、第一国立銀行をはじめ約500社の企業の創立・発展に貢献。商工業の発展にも尽力し、経済団体の組織、商業学校の創設など実業界の社会的向上に努めた。70歳で退任以降は、社会公共事業の育成発達に努め、国際親善に取り組む。1931年没
第1章 処世と信条
第2章 立志と学問
第3章 常識と習慣
第4章 仁義と富貴
第5章 理想と迷信
第6章 人格と修養
第7章 算盤と権利
第8章 実業と士道
第9章 教育と情誼
第10章 成敗と運命
推薦者コメント
小笹芳央<株式会社リンクアンドモチベーション 代表取締役会長>
株式会社リクルートを経て、2000年、株式会社リンクアンドモチベーションを設立。2008年、東証一部に上場。2013年より、代表取締役会長就任。現在はグループ11社の会長を務める。(>>推薦書籍一覧

 渋沢栄一は、近代日本における財界のゴッドファーザーである。生涯に500以上の会社を興し、今の時代にも絶大なる影響を保っている。本書は、渋沢栄一の国家観、事業観、道徳観が余すところなく記されている。特に、事業と道徳の両立に関する考え方は、企業の不祥事が増加している今、我々が受け継ぐべき財産である。

推奨読者:
 「道徳=論語」と「算盤=利益」の両立に悩む日常を過ごす、実業界に関わる人全般が読者対象となる。

要約ダイジェスト

論語と算盤は遠くて近いもの

 論語という書物と算盤(経済活動)とは、不釣合に見えるが、国の富をなす根源は仁義道徳である。正しい道理の富でなければ、その富は永続することができない。だから、論語と算盤というかけ離れたものを一致させることが必要なのだ。

 また、道徳と離れ、欺瞞にあふれた商才は決して真の商才ではない。それゆえ商才も道徳の書である論語によって養えるのである。人の世に処するの道(世の中を生き抜く処世術)に関しても、論語を熟読していけば、大いに学ぶところがあるだろう。

 わが国の賢人豪傑のうちで、最も戦上手で処世が巧みであったのは、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集