『本物のリーダーとは何か』
(ウォレン・ベニスほか/著)

 

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 本書は約30年にわたり、リーダーシップ論の必携書として読み継がれてきたリーダーシップの教科書的一冊。

 著者は90名におよぶ企業経営者や社会的リーダーたちへの綿密な調査から、リーダーの行動特性と、それが後天的に身に付けることができることを解き明かしていく。本物のリーダーとは何か?という問いはリーダーの役割とは何か?という問いと同義でもあり、「リーダー」と「マネジャー」の役割の違いが随所で明らかにされる。

 前半で個人としてのリーダーシップの高め方について、後半で組織に力を与える(エンパワーメント)リーダーの在り方について詳細に説かれ、理論だけにとどまらない実践的な内容になっている。今後リーダーを目指す方にも、現在リーダーシップの発揮に悩まれている方にも役立つ一冊である。

著者:ウォレン・ベニス
 南カリフォルニア大学リーダーシップ研究所教授、初代所長。ハーバード大学センター・フォー・パブリック・リーダーシップの諮問委員会委員長。レーガン、カーターなど4人の大統領顧問、国際的大企業や各国政府のアドバイザーを務めるなど、その多彩な活躍で世界中から尊敬を集めるリーダーシップ研究の第一人者

著者:バート・ナナス
 南カリフォルニア大学経営学名誉教授。リーダーシップに関する著書多数

翻訳:伊東 奈美子

1.リーダーシップに関する「誤解」を解く
2.「人を率いること」と「自分を律すること」について
3.戦略I 人を引きつけるビジョンを描く
4.戦略II あらゆる方法で「意味」を伝える
5.戦略III 「ポジショニング」で信頼を勝ち取る
6.戦略IV 自己を創造的に活かす
7.「責任を引き受ける」ということ
推薦者コメント
matsuo iwata岩田松雄<株式会社リーダーシップ コンサルティング 代表取締役社長>
株式会社アトラス、株式会社イオンフォレストでの経営職を歴任後、2009年、スターバックスコーヒージャパンの代表取締役CEOに就任。退任後、株式会社リーダーシップコンサルティングを設立、代表を務める。(>>推薦書籍一覧

 今まで読んだリーダーシップ関連の本でベスト5に入る好著。本書では5つの提言がなされるが、今までの自分の経験を照らしても、本書の提言は納得のいくものが多い。

①リーダーシップとマネジメントとは違う
②リーダーはメンバーに力を与える
③組織には全員が共有できるビジョンが必要である
④組織には信頼が不可欠である
⑤リーダーは物事の意味を伝える

 そして「マネージャーは物事を正しく行い、リーダーは正しいことをする」。ビジネススクールでも、マネージャー教育はするが、リーダー教育はごく一部だ。今求めれられているのは、真のリーダー教育である。

 ここの部分がいまの社会から欠けている部分であると感じる。どうしたら少しでもそこを埋めていくことができるか、本書はその意味でも非常に示唆が多い。(岩田松雄)

要約ダイジェスト


「人を率いること」と「自分を律すること」

 変化の時代を理解し、そのよき一員となるために、我々はリーダーシップというテーマに着目した。リーダーシップこそ、進歩を成し遂げ、組織を発展、存続させるための鍵だと思うからだ。そこで、成功している企業経営者(社長、会長など)、公共セクターの卓越したリーダーの計90人にインタビューを行った。

 すでに言い尽くされていることだが、すぐれた組織なしに現在の問題は解決できないし、すぐれたリーダーシップなしに組織は成功できない。資金が足りないなら融資を受ければいいし、立地が悪いなら移転すればいい。だがリーダーシップのない企業が生き残れるチャンスはほとんどない。

 組織、とくに破綻しかかっている組織の多くは、行きすぎた

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集