『林原家 同族経営への警鐘』
(林原健/著)

 

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
2011年に経営破綻した岡山の名門企業・林原。4代目社長・林原健氏と専務である弟・靖氏は二人三脚で役割分担しながら経営を行い、同族経営の強みを最大限に発揮していたと思われていた。林原はなぜ、巨額の粉飾決算に手を染め、倒産してしまったのか。その原因の根底には、経営者兄弟の関係性、さらには林原家の特異性があった。

本書では林原家のルーツや社史に始まり、家族、特に弟との関係が赤裸々に語られ、経営危機が発覚してから倒産へ至る道も生々しく描かれている。日本は世界の中でも同族企業の割合が高い国である。本書は一企業の失敗の記録にとどまらず、すべての同族企業に警鐘を鳴らす、教訓に満ちた一冊である。


著者:林原 健
1942年(昭和17年)岡山市生まれ。61年、慶應大学在学中に父の死去に伴い、林原の4代目社長に就任。林原を研究開発型の世界的な食品素材、医薬品素材メーカーに育て上げる。2011年、会社更生法の適用を申請し辞任。
第1章 経営破綻の真相
中国銀行からの電話
経営破綻の発覚
銀行団の温度差…ほか

第2章 林原一族の宿痾
服従関係
士分を捨てた林原家
もう1人の弟との約束
林原コンツェルン…ほか

第3章 同族経営の是非
成功体験の始まり
長期の研究を選ぶ
社長の独断…ほか

要約ダイジェスト

「同族企業の雄」として持ち上げられた林原の実態

2011年、食品・化学・医薬品の原料メーカーである林原のグループ中核4社は、会社更生法の適用を申請した。100年以上の伝統を持つ名門企業は、4代目・林原健社長の代に経営破綻したのだった。

林原の起源は1883年、岡山の水飴製造業から始まり、3代目社長・林原一郎の手腕で発展し、国内随一の水飴・ぶどう糖メーカーとなる。その社長が1961年に急死した後、跡を継いだのが当時19歳だった著者・林原健氏であった。

粗糖の輸入自由化という危機に対し、著者は「独創的な新技術を作り出すために、同族経営の良さを最大限に極める」という

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集