『イシューからはじめよ
―知的生産の「シンプルな本質」』
(安宅和人/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次(主要)
 外資系戦略コンサルティング企業での経営コンサルタントや、脳神経科学(ニューロサイエンス)の研究者(イエール大学 Ph.D.)を経て、現在はヤフー株式会社執行役員CSOというユニークな経歴を持つ著者安宅和人氏は、その経験の中でビジネス、サイエンスを問わず「圧倒的な生産性をあげる人」に共通する手法に気づいたという。

 それは、「イシューからはじめる」というアプローチであり、真に「解くべき」課題=「イシュー度」の高い課題とは何か?意味のあるアウトプットとは何か?を徹底的に考える仕事のやり方といえる。本書ではその手法が詳細に解説され、知的生産性の向上を考えるビジネスパーソンにとって実践的な内容となっている。

 全編を通じて、著者がマッキンゼーで学んだ「コンプリート・スタッフ・ワーク」(自分がスタッフとして受けた仕事をいかなる時にも完遂する)という考え方が貫かれており、プロフェッショナルとは何かというスタンス面からも示唆が多い一冊である。


著者:安宅和人
1968年富山県生まれ。東京大学大学院生物化学専攻にて修士号取得後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。4年半の勤務後、イェール大学・脳神経科学プログラムに入学。平均7年弱かかるところ3年9カ月で学位取得(Ph.D.)。2001年末、マッキンゼー復帰に伴い帰国。マーケティング研究グループのアジア太平洋地域における中心メンバーとして、飲料・小売り・ハイテクなど幅広い分野でブランド建て直し、商品・事業開発、新人教育に関わる。2008年よりヤフー株式会社に移り、現在は執行役員・チーフストラテジーオフィサー。

出版:英治出版


・この本の考え方 脱「犬の道」
・イシュードリブン 「解く」前に「見極める」
・仮説ドリブン
 - イシューを分解し、ストーリーラインを組み立てる
 - ストーリーを絵コンテにする
・アウトプットドリブン 実際の分析を進める
・メッセージドリブン 「伝えるもの」をまとめる
推薦者コメント
kensuke furukawa古川健介<株式会社nanapi 代表取締役>
2000年に学生コミュニティであるミルクカフェを立ち上げ、月間1000万pvのサイトに成長させる。2004年、レンタル掲示板を運営する株式会社メディアクリップ代表取締役社長に就任。翌年、株式会社ライブドアにしたらばJBBSを事業譲渡後、同社にてCGM事業の立ち上げを担当。2006年、株式会社リクルートに入社、新規事業立ち上げを担当。2009年に退職し、Howtoサイト「nanapi」を運営する株式会社ロケットスタート(現・株式会社nanapi)代表取締役に就任。(>>推薦書籍一覧

問題をどうしようか、と考えることが仕事では多くても「この問題は今、解決すべきだろうか」ということは意外と語られません。ほとんどの場合、適切な問題を見つけることができていないのです。その適切な問題=イシューを見つけることができるようになるための一冊です。

推奨読者
意思決定に関わるような人たち。または、仕事の効率をよくしたい、仕事が遅いといわれる、いつまでたっても仕事が終わらないと感じている人たち。(古川健介)

要約ダイジェスト

この本の考え方

バリューのある仕事とは何か

 「生産性」の定義は、「どれだけのインプット(投下した労力と時間)で、どれだけのアウトプット(成果)を生み出せたか」ということである。だから、生産性を上げたいなら、同じアウトプットを生み出す労力・時間を削るか、同じ労力・時間でより多くのアウトプットを生み出さなければならない。

 では、「多くのアウトプット」——言い換えれば、ビジネスパーソンであればきっちりと対価がもらえる「意味のある仕事」とは何か?僕のいたコンサルティング会社では、こうした仕事を「バリューのある仕事」と呼んでいた。

 僕の理解では「バリューの本質」は2つの軸から成り立って

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集