『世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』
(安西洋之/著)

 

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
本書は日本の中小・ベンチャー企業がこれから飛躍するためのヒントを、世界の伸びている中小・ベンチャー企業へのインタビューを通して、現実感をもって伝えた一冊である。著者の安西洋之氏はビジネスプランナーとして、長年ヨーロッパ各国でのビジネスの栄枯盛衰を目の当たりにしてきた人物。本書で伝えていることは主に以下の3つだ。
(1)世界の元気な会社の経営者の知恵
(2)日本ではまだあまり知られていない海外の面白いビジネス
(3)世界を股にかけたビジネスのヒント
「世界はあくまでも小さなローカルの現実の積み上げからできている」と語る著者の着眼点と約20社の事例は中小・ベンチャー企業で経営に携わる方、また海外事業やマーケティングに携わる方にも大いに参考になる。

著者:安西洋之
モバイルクルーズ株式会社代表取締役。上智大学文学部仏文科卒業後、いすゞ自動車入社。欧州自動車メーカーへのエンジンなどのOEM供給ビジネスを担当後、独立。1990年よりミラノと東京を拠点としたビジネスプランナーとして欧州とアジアの企業間提携の提案、商品企画や販売戦略等に多数参画している。海外市場攻略に役立つ異文化理解アプローチ「ローカリゼーションマップ」を考案し、執筆、講演、ワークショップ等の活動を行っている。WEBサイト(http://www.localizationmap.com/)、Twitter: @anzaih(書籍刊行当時)
出版:クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
序章 伸びている中小・ベンチャー企業は高く狭く売るのが得意
第1章 世界の伸びているITサービス企業に学ぶ
第2章 イタリアで伸びているモノづくり企業に学ぶ
第3章 デザインの使い方とブランドの育て方
第4章 組織のデザイン
第5章 ルールの作り方を知る
第6章 オープンなプラットフォームにアイデアが集まる
第7章 すべてのビジネスはローカルに通ず
第8章 日本の中小・ベンチャー企業は何を目指せば良いのか
第9章 これからのビジネスへのヒント

要約ダイジェスト

伸びている中小・ベンチャー企業は、「狭く、高く売る」のが得意

 日本では企業の規模に目がいきやすく、中小・ベンチャー企業は「大」に対する「中小・ベンチャー」として、ネガティブに捉えられることもある。しかし特にヨーロッパにおいては、中小・ベンチャー企業であっても、大企業と対等な意識を持ってビジネスをしている例が多いという。

 その理由として、もともと「お客さまは神さま」という考え方をしないということもあるが、「狭く、高く売る」ノウハウに関して、ヨーロッパの企業は一歩先んじていることが挙げられる。

 ファッション界でいえば、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集