『リスクに背を向ける日本人』
(山岸 俊男、メアリー・C・ブリントン/著)

 

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 本書は、心と社会の関係を幅広い視点から探る社会心理学者、山岸俊男氏と、長年にわたり日本社会を研究してきたハーバード大学の社会学者、メアリー・C・ブリントン氏による、ユニークな視点での日本人論である。議論の中心となるのは、世界一高いとされる日本人の「リスク回避傾向」だ。
 著者らは、日本人のメンタリティーという観点から日本社会のあり方を読み解き、現代の日本人が抱える問題についてさまざまな角度から論じる。社会のあり方が急速に変化する現在、うまく適応するためには、価値観や精神性も変えざるを得ないのかもしれない。本書はそのヒントが凝縮された一冊である。

著者:山岸 俊男
1948年愛知県名古屋市生まれ。社会心理学者。一橋大学社会学部、同大学大学院を経て、1980年ワシントン大学社会学博士。北海道大学大学院文学研究科教授、同大学社会科学実験研究センター長。社会的ジレンマ、信頼、社会的知性など心と社会の関係について、認知科学、心理学、社会学、経済学などの多くの側面から総合的に研究。2004年、紫綬褒章受賞。著書に『信頼の構造』(東京大学出版会)、『日本の「安心」はなぜ、消えたのか』(集英社インターナショナル)など。
著者:メアリー C・ブリントン
ハーバード大学社会学部長兼ライシャワー日本研究所教授。シカゴ大学、コーネル大学を経て、2003年より現職。主な研究テーマは、ジェンダーの不平等、労働市場、教育、日本社会など。1990年代に日本に長期間滞在し、日本の経済状況の変化が若者の雇用環境にもたらした影響を研究。『失われた「場」を探して』(NTT出版)が話題となる。
出版社:講談社
第一章 日本を覆う「リスク回避傾向」
第二章 はしごを外された若者たち
第三章 どこで自分を探すのか?
第四章 決められない日本人
第五章 空気とまわりの目
第六章 なぜ日本人は子どもを産まないのか?
第七章 グローバル化の意味
第八章 女性の能力を生かすには
第九章 ジャパン・アズ・ナンバースリー
推薦者コメント
野間幹晴野間幹晴<一橋大学ICS准教授>
一橋大学大学院商学研究科にて博士号を取得後、2002年より横浜市立大学商学部専任講師に就任。2004年より一橋大学大学院国際企業戦略研究科(ICS)助教授を経て、2007年より現職。(>>推薦書籍一覧

「常識」とは時代や地域によって、異なる。そして、日本人が「当然」のこととして受け入れていることが、実はそれほど当然ではないことがある。本書はリスクという観点から日本社会の問題点を解き明かし、あなたの「常識」を揺さぶること請け合いである。

推奨読者:
日本社会の問題点に対して、深く考えたい人にお薦めの一冊。著者の一人の山岸俊男氏は社会心理学の泰斗であり、社会心理学に関心のある方の入門書としても推薦したい。

要約ダイジェスト

高リスク社会の日本

日本人の「リスク回避傾向」は世界一

本書で交わされる対談の内容は、ニートやひきこもりなどに代表される若者の「リスク回避傾向」が、実は日本社会全体の特徴であるというテーマが中心となっている。

05~08年にかけて世界中で実施された「世界価値観調査」では、日本人がリスクを避ける傾向は世界一で、ほかの先進国に比べずば抜けていることが明らかとなった。そしてこの原因は、日本社会ではリスクが大きすぎることにあるという。

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集