『職場の人間科学——ビッグデータで考える「理想の働き方」 』
(ベン・ウェイバー/著)

 

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 理想的な職場のあり方とはどのようなものだろうか?本書はビッグデータから職場の生産性や満足度に科学的のメスをあてた意欲作。その手がかりは、従来の理論では目を向けられていなかったデータにあった。
 「会話の量と集団の結束は高まるのか?」「どのようなデスクの配置が効果的なのか?」など、本書では、ウェアラブル・センサー技術を用いた最新研究「ピープル・アナリティクス」による驚くべき分析結果と、職場環境を改善する実践方法が紹介される。オフィスで働くすべての人にとって画期的な視点をもたらしてくれる一冊である。
著者:ベン・ウェイバー
 ソーシャル・センサー技術を用いた経営コンサルティング・サービス会社「ソシオメトリック・ソリューションズ」の社長兼CEO。MITメディアラボで博士号を取得し、現在は客員研究員をつとめる。ハーバード・ビジネス・スクールの元上級研究員。
研究はワイアード誌、ニューヨーク・タイムズ紙、ナショナル・パブリック・ラジオで取り上げられており、ハーバード・ビジネス・レビュー誌の「革新的なアイデア」や、テクノロジー・レビュー誌の「新興技術トップ10」にも選出。

翻訳:千葉 敏生
翻訳家。1979年横浜市生まれ。早稲田大学理工学部数理科学科卒業


第1章 ワカらない組織からワカる組織へ ―スピード・デートや給与交渉がうまくいくには
第2章 組織の誕生 ―チンパンジーの餌探しからLinux開発まで
第3章 ウォーター・サーバーの効用 ―バンク・オブ・アメリカが変えたたったひとつのこと
第4章 距離なんて関係ない? ―ESPNの成功とオフィスレイアウトの秘密
第5章 ボクは専門家 ―データが明らかにした真の貢献者とは
第6章 あなたはクリエイティブ系? ―サウスパークの制作チームはなぜ独創的なのか
第7章 無理して出勤するか、家で休むか ―社内の病気の広まり方をシミュレーションしてみた
第8章 年間1兆2,000億ドルが無駄に? ―eBayによるSkype買収が失敗したワケ
第9章 複雑化する世界 ―巨大プロジェクトを成功させるコミュニケーション
第10章 組織の未来 ―ピープル・アナリティクスは仕事をどう変えるのか
第11章 私たちの向かう先

Check Point

  • 成果を生み出す職場のあり方をデータで明らかにする「ピープル・アナリティクス」は、センサー技術の発達により大きな進化を遂げている
  • 「ウォーター・サーバー」のような休憩場は、職場の社会交流の場を生み出し、質の高いネットワークを築くために非常に有効である
  • センサー・データは、組織図の変更からコーヒー・エリアの模様替え、個人からチームまで、組織のあらゆる分野の生産性向上に応用できる

要約ダイジェスト

ピープル・アナリティクスとセンサー・データ

 効率的で満足度の高いクリエイティブな人材、専門家、リーダー、部下、橋渡し役、先駆者などを生み出す職場のあり方とは何だろうか。それをデータで明らかにしようとするのが「ピープル・アナリティクス」である。

 この「ピープル・アナリティクス」が

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集