『1日1話、読めば心が熱くなる 365人の生き方の教科書』
(藤尾秀昭/監修)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 各界の一流人物の仕事の心得を取り上げ、30万部を超える大ベストセラーとなった『1日1話、読めば心が熱くなる 365人の仕事の教科書』。本書はその第二弾として、前作の1人1日1ページで 365篇というコンセプトはそのままに、時代やジャンルを越えて仕事や人生に活かせる著名人のインタビューをまとめたものだ。

 稲盛和夫氏、柳井正氏、永守重信氏などの著名経営者から古賀稔彦氏などのアスリート、アーティスト、教育者など様々なジャンルの人生の達人たちが、仕事や学び、勝負の心得、逆境の乗り越え方、良き人生の送り方などについて語っており、タイトル通り「生き方」の極意とも言える内容になっている。

 元となったのは、「人間学」を学ぶ雑誌である老舗月刊誌『致知』に収録された創刊からの膨大な人物インタビュー。読み進めていくうちに必ず心を熱くするメッセージに出会えるはずだ。年代や職業を問わず、日々の仕事や人生に情熱を取り戻したい方、さらに情熱を燃やしたい方は是非ご一読いただきたい。

監修:藤尾秀昭(Fujio Hideaki)
 昭和53年の創刊以来、月刊誌『致知』の編集に携わる。54年に編集長に就任。平成4年に致知出版社代表取締役社長に就任。現在、代表取締役社長兼主幹。『致知』は「人間学」をテーマに一貫した編集方針を貫いてきた雑誌で、平成30年、創刊40年を迎えた。定期購読者数は11万人を数える。有名無名を問わず、「一隅を照らす人々」に照準をあてた編集は、オンリーワンの雑誌として注目を集めている。主な著書に「小さな人生論1~5」「小さな修養論1~5」「心に響く小さな5つの物語Ⅰ~Ⅲ」「小さな経営論」「プロの条件」「はじめて読む人のための人間学」「二度とない人生をどう生きるか」「人生の法則」(いずれも致知出版社)などがある。
1月 人生の闇を照らしてくれる光 五木寛之(作家)ほか
2月 一ミリの努力、一秒の努力の積み重ね 井村雅代(アーティスティックスイミング日本代表ヘッドコーチ)ほか
3月 昨日の敵は今日の友 篠沢秀夫(学習院大学名誉教授)ほか
4月 仏道は待ちて熟さん 松原妙蓮(浄名寺副住職)ほか
5月 ディレクターズチエア 岡本喜八(映画監督)ほか
6月 自分が納得のできる料理を出せ 村田吉弘(菊乃井三代目主人)ほか
7月 バーベルが挙がる条件 三宅宏実(重量挙げ女子日本代表)ほか
8月 物事を成就するには狂を発揮せざらん 佐藤幸夫(シリウスグループ代表)ほか
9月 真珠王・御木本幸吉の信念 松月清郎(ミキモト真珠島真珠博物館館長)ほか
10月 人生の大病は、傲の一字にあり 井原隆一(経営評論家)ほか
11月 すべての人が「お得意さん」 谷口全平(PHP総合研究所参与)ほか
12月 企業の価値は永続すること 塚越寛(伊那食品工業会長)ほか

要約ダイジェスト

独立自尊の商売人になれ

柳井正 ファーストリテイリング社長

 リスクというものは逃げれば逃げるほど向こうからやって来る。リスクを本当にコントロールしようと思ったら、リスクはこれだとはっきりとわかって、それをコントロールするために何をすればいいのかを、自分のこととして考えない限りコントロールできない。

 いまはそうでもないが、上場するまではずっと自己資本比率が 10%あるかないかという状況だったので、1シーズン棒に振ると、もうつぶれてしまう。そういう企業だったので、リスクがコントロールできない限り、生き残っていけなかった。

 一般の小売業の人は自分のリスクを他の人に転嫁することによってリスクを免除してもらおうと思っている。それをやると、当然ながら他人に転嫁した分のリスク料が商品に加算されるので原価が高くなる。だから、小売業は儲からない。

 一般の小売業の人にとって、商品は全部メーカーのものだと思っているから、自分で工夫して儲けようとも思わない。しかし、自分で買って売っている以上は、それは自分の商品であり、自分の商品だと思ったら、そこにいろいろな工夫が生まれてくる。

 僕が社員に要求することは、自分で自分のサイクルを回せということだ。商売が面白いのは、自分で計画して、自分で実行して反省し、この次はもっとこういう風にうまくやろうと自分でサイクルを回すことができるからだ。

 それを人によって回されたり、人の指示でやったら、これほどおもしろくないものはない。僕は日本を駄目にした元凶は、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2022 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集