『MIT マサチューセッツ工科大学 音楽の授業』
(菅野恵理子/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 MIT(マサチューセッツ工科大学)といえば、卒業生や教授、研究者陣に 90名以上のノーベル賞受賞者を擁する名門大学である。同校は工科大学の名の通り、理系教育の最高峰として著名だが、同時に人文学や芸術科目にも力を入れているという。特に音楽教育においては、毎年4000名ほどの全学部生の約4割が音楽科目を履修しているという。

 世界のイノベーションを牽引する場所で、なぜ音楽が学ばれるのか。それは、創造的な問題解決のために芸術領域の知恵が役立ち、また、技術革新に伴う問題の多くが人間性理解の欠如に端を発しているからだ。人間を理解するためにも人文学やアート、音楽が必要とされているのだ。

 そこで本書では、MITの音楽教育の歴史から具体的な授業内容まで詳細に解説。関係者へのインタビューや授業で使われる教科書や楽曲のプレイリストなども公開されており、音楽になじみのない方でも興味深く読み進められるはずだ。著者は音楽で人を育て、社会を繋げることをテーマとして調査研究・執筆・講演などを行う音楽ジャーナリスト。

著者:菅野 恵理子(Sugano Eriko)
 音楽ジャーナリストとして海外での豊富な音楽教育取材・国際コンクール演奏評をもとに、音楽で人を育て、社会を繋げることをテーマとして調査研究・執筆・講演などを行っている。著書に『ハーバード大学は「音楽」で人を育てる』『未来の人材は「音楽」で育てる』(共にアルテスパブリッシング)。オンライン連載に『海外の音楽教育ライブリポート』(ピティナHP)などがある。上智大学外国語学部卒業。在学中に英ランカスター大学へ交換留学し、社会学を学ぶ。全日本ピアノ指導者協会研究会員。
はじめに 世界最高峰MITで音楽が学ばれる理由
第1章 なぜ「科学」と「音楽」が共に学ばれているのか
第2章 人間を知る・感じる
第3章 しくみを知る・創る
第4章 新しい関わり方を探究する
第5章 他者・他文化・他分野と融合する
第6章 MITの教育から探る、未来を生きる世代に必要なこと
第7章 「いま・ここ」と「はるか未来」を見据えて
おわりに 音楽で身体と心を揺らし、新たな世界の扉を開く

要約ダイジェスト

世界最高峰 MITで音楽が学ばれる理由

 MITは工科大学という名の通り、科学・テクノロジー・工学・数学、いわゆる STEM(Science, Technology, Engineering, and Mathematics)を重視しているが、一方、人文学や芸術科目にも力を入れている。

 MITの研究科・学部は大きく分けて、「科学」「工学」「建築」「経営学」、そして「人文学・芸術・社会科学」の5つである。人文学・芸術・社会科学も1つの学部であり、すべての学部生がその開講科目を必修として学んでいるのである。

 中でも、音楽科目は人気が高い。しかもこの10年でその比重は増しているという。開講科目は音楽史、音楽理論だけではなく、作曲、音楽とテクノロジー、室内楽やオーケストラなどのパフォーマンスまで実に幅広い。

 MITがそれほど人文学に力を入れている理由は何か?音楽学科長・作曲家のキーリル・マカン先生は「エンジニアたちは、創造的な問題解決法を編み出すために、人文学やアートの経験が役立つことに気づいています。それに、テクノロジーや科学技術の発達に伴う問題の多くは、人間性理解の欠如から来ています」と述べる。

 AIのような最新科学技術が出現すると、「誰のために、何のために開発されるのか。どう運用されるべきなのか」といった問いに、早晩向き合うことになる。特に MITのような大学は、常日頃からそのような問題意識と向き合っている。

 技術革新が進むほど、人間理解が求められる――これは一見矛盾しているようだが、MITの最新カリキュラムには明らかにこの考えが反映されている。そして人間理解を深めること――これがまさに音楽の役割なのだ。以下 MITの音楽科目の授業内容を紹介しよう。

MIT 音楽の授業

《ワールドミュージック入門》世界の音楽を体感する
 この授業では人間が営んできた文化の多様性や地理的広がりを学ぶ。人間がいるところには文化があり、文化には音楽による感情表現や共同体の団結を高める演奏習慣がある。

 クラスは毎週90分×2回(レクチャー&ワークショップ)で行われる。舞踊家や民俗音楽学者などゲストアーティストを招いて講義をしてもらったり、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2021 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集