『説明の一流、二流、三流』
(桐生 稔/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 ビジネスシーンにおいて、何かを説明したり説得したりすることに苦手意識を持つ方は多い。一方で圧倒的に説明がうまい人もいる。本書はそうした一流の伝え方のノウハウを言語化した一冊だ。1万回以上の伝わる話し方セミナーを開催してきた著者によれば、伝わる説明には方法論があり、意外にも訓練すれば誰にでも習得できるものだ。

 具体的には、説明の準備や組み立て、説得力が増す説明法、プレゼンや人前での説明、リモートやメールでの説明、さらに説明上手になる心得といった項目別に、「三流(ダメレベル)はこうする、二流(普通レベル)はこうする、一流はこうする」という形式で 45個の説明ノウハウを解説している。

 著者は株式会社モチベーション&コミュニケーション代表取締役で、現在全国40都道府県で年間 2000回にわたり社会人の伝わる話し方セミナー、研修を開催している人物。説明やプレゼンテーション、コミュニケーションに苦手意識がある、あるいはレベルアップさせたいと感じているビジネスパーソンはぜひご一読いただきたい。

著者:桐生 稔(Kiryu Minoru)
 株式会社モチベーション&コミュニケーション代表取締役・メンタル心理カウンセラー 人材派遣会社の営業をボイストレーニングスクールの職員を経験後、コミュニケーションスクールを立ち上げる。 現在は全国20ヶ所で、伝わる話し方、好かれる話し方、あがり症改善、人前でのスピーチトレーニングなどを実施。年間1,500回のセミナーを開催し、受講者数は20,000人を越える。
Chapter1 すごく伝わる説明
Chapter2 説明の組み立て方
Chapter3 説得力が増す説明
Chapter4 プレゼンや人前での説明
Chapter5 リモート・メールでの説明
Chapter6 説明上手になる心得

要約ダイジェスト

話の整理

「MECE(ミーシー)」とは「モレなく、ダブリなく」という意味で、ロジカルシンキングの世界でよく使われる。モレやダブリがあると信憑性に欠くので、モレやダブリがない状態で説明することは大事だ。

 しかし、「モレなく、ダブリなく整理できていること」と、「モレなく、ダブリなく説明すること」は、まったく違う。例えば、面接の自己 PRで、自分の特徴をモレなく、ダブリなく長尺な自己紹介を行えば、間違いなく面接は落ちる。本当に大事なのは、モレなく、ダブリなく整理したあとに「大胆に削る」ことだ。

 例えば、来期の事業計画を説明する場合。「来期の事業部の予算は○○円です」は資料を見ればわかる。一番聞きたいのは「どうやってそれを実現するか」。「今日は実現方法にポイントを絞ってお伝えします」など、一番大事な部分にフォーカスする。

 研究結果を発表するなら、「今回の研究で今後当社の未来がどう変わるか、そこを明確に提示します」と、本当に伝えたいことに光を当てるのだ。

 大胆に削れないときは、事前に「もし、説明時間が 10秒しかなかったとしたら」「あえて1行で説明するとしたら」何を伝えるか考えよう。その答えが真芯だ。大胆に削るからこそ、聞き手に届き、記憶として残るのだ。

説明の適正時間

 説明するとき、どうやって説明の時間を設定するだろうか。一流は、まず相手の許容時間を見極める。つまり「どのくらい説明の時間が許されているか」である。

 例えば初対面の人がいきなり5分も 10分も自己紹介をしてきたら、だんだん聞くのが嫌になってくる。自己紹介で許容されているのは概ね1分程度だ。こうした事故を起こさないための、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2021 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集