『人を知り、心を動かす―リーダーの仕事を最高に面白くする方法』
(井上礼之/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 規模を問わず、組織を効果的に機能させるためには、リーダーの存在が非常に大きい。リーダーはメンバーを育てるだけでなく、重要な方向性を決める決断を迫られる。それゆえ、その重責に悩みや迷いが伴うことも多い役割である。本書は、そんなリーダーに対して、組織のためにすべきことや、あるべき姿、磨くべき資質を具体的に指し示す。

 成長を促す声かけの方法、多様な価値観を持つメンバーの生かし方、挑戦に消極的な部下への働きかけなど、現場で実践できる内容が Q&Aの形でわかりやすくまとめられている。場面による「叱る、褒める、突き放す」の使い分けや、部下との信頼関係の構築方法など、「1人ひとり」との向き合い方に重点が置かれているのが特徴だ。

 著者は、ダイキン工業の社長として「人を基軸におく経営」を実践し、同社を空調機器世界ナンバーワンに導き、現在は取締役会長兼グローバルグループ代表執行役員。規模や業種を問わず、リーダーとして部下やメンバーを率いていく立場にある人、これからリーダーを目指していく人にはぜひご一読いただきたい。

著者:井上礼之(Inoue Noriyuki)
 ダイキン工業(株)取締役会長 兼 グローバルグループ代表執行役員。1935年(昭和10年)、京都府京都市生まれ。1957年、同志社大学経済学部卒業後、大阪金属工業(現ダイキン工業)入社。主に総務・人事畑を歩み、1979年、取締役。1994年社長、1995年会長兼社長、2002年に会長兼CEO。2014年より現職。
 バブル崩壊、円高、冷夏の影響で17年ぶりに赤字に転落した直後の1994年の社長就任以降、「人の持つ無限の可能性」を信じ、「企業の競争力の源泉はそこで働く『人』の力である」、「従業員一人ひとりの成長の総和が企業の発展の基盤である」という信念のもと、「人を基軸におく経営」を実践。経営のグローバル化に大きく舵を切り、数々のM&Aや、産官学の連携・提携を推進し、ダイキン工業を空調業界の世界ナンバーワン企業へと牽引した。
はじめに
第1章 私は「人の成長を信じる」と決めている
第2章 一人ひとりに感情がある 言葉がある 夢がある
第3章 叱りなさい 褒めなさい 突き放しなさい
第4章 チームを作るとは「一人ひとり」を束ね、動かすこと
第5章 真のリーダーになるために磨くべき資質とは?
終章

要約ダイジェスト

リーダーにはブレてはいけない役割がある

 リーダーに求められる役割とは何か?それは、「成果を出し続ける」ことであり、それを「人を通じて実現する」ことである。まず、一番こだわるべきは、いかなる環境の変化に直面しても、掲げた目標を必ず達成するという強い意志だ。どれほどの人格者も、成果が出ていなければ、良いリーダーとは言えない。

 次に、「人を通じて事を成す」ことだ。いかに優れたリーダーでも、1人でできることには限界がある。大きな仕事を成し遂げるには、多くの人の関与が不可欠だ。

 組織は「仕事の体系」であると同時に「感情の体系」であることも忘れてはならない。集団で事に当たるプロセスで人は成長し、その中で培った信頼関係は、次の大きな挑戦の基盤になり、見えない資産として蓄積していく。

 リーダーはこうした営み全てに対して、責任があることを自覚すべきだ。組織を構成するメンバー1人ひとりが成長し、その能力を最大限に発揮することができて、初めて成果を出し続けられるようになるのだ。

正面の理、側面の情、背面の恐怖

 良いリーダーとは、チームが成果を出し続けられるよう「人を動かせる」リーダーだ。そのために必要なことは「正面の理(理屈)、側面の情(ぬくもり)、背面の恐怖(厳しさ)」である。

 これはリーダーの心構えについて語ったもので「正面切っては論理的に説明しなさい」「時々側面から人情、愛情をかけてフォローしなさい、情の世界で話しかけたり、受け止めたりしなさい」「この人の前ではいい加減なことはできないという緊張感を持たせなさい。ここぞというときの厳しさは、日常では背面に隠しておきなさい」という意味だ。

 理屈だけでは、メンバーは面従腹背するだけで、チームのために動かない。ぬくもりだけでは、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2021 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集