『最短で結果が出る「超・学習法」ベスト50』
(井口 晃/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 人生 100年時代と言われる現在、どんなビジネスパーソンも生涯新たな知識を学び続けることが必須となってきている。しかし、勉強をはじめても三日坊主で終わってしまう、インプットの効率が悪い…といった悩みを抱える方は多い。著者曰く、それは才能や能力のせいではなく、正しい「学び方」を知らないことが原因だ。

 本書では、まず「学ぶためのマインド」を詳細に解説し、具体的な学習テクニックを「記憶術」「読書術」「英語学習」「集中力」「オンライン学習」といったテーマごとに 50項目に分けて網羅的に公開。一読すれば、誰でも分野を問わず、短時間で効率の良い学習を実現することが可能だと理解できるはずだ。

 著者は「好きなことを仕事にする」「ハイパフォーマンス」「バイオハック」をテーマにした講演やセミナーを国内外で開催し、20万人以上を指導してきた作家・グローバルスピーカー。これまで研究と自己投資に20年間、1億円以上を投じてきた「学びオタク」でもある。現在受験や資格試験に挑戦している方はもちろん、学びから離れてしまっている方もぜひご一読いただきたい。

著者:井口 晃(Iguchi Akira)
 東京都世田谷区生まれ。これまで研究と自己投資に20年間、1億円以上を投じてきた、自他ともに認める「学びオタク」。ニューヨーク市立大学に留学し、自己啓発・心理学・ハイパフォーマンスについて学んだ後、世界的スピーカー・作家になるビジョンを得て帰国し、友人の家に居候しながら起業。「好きなことを仕事にする」「ハイパフォーマンス」「バイオハック」をテーマにした1000人規模の講演会、セミナーをオンラインや全国で開催し、今まで20万人以上を指導する。近年は日本だけでなく、世界各地で数千人規模のセミナーに登壇するなど「グローバルスピーカー」として大きな注目を集めている。また、栄養学、脳科学、加速学習法についての造詣も深く、世界最先端のライフハック情報を収集し、自らの人生を実験台として実践しながら脳と肉体をアップグレードさせる日本有数の「バイオハッカー」としても知られる。ビジネス、自己啓発、健康に関する最先端の情報を発信する YouTubeチャンネル「ハイパフォーマーとして自由に働こう!」は 145万回再生を記録するなど大好評。
 主な著書に『バイオハック』(SBクリエイティブ)、『人生の9割は逃げていい。』(すばる舎)、『やらない決意』(サンマーク出版)、『Lifestyle Millionaire』(Morgan James)など。
序 章 成果が8割変わる!最短で学ぶための「マインド」の整え方
第1章 効率的に「強い記憶」を定着させる方法
第2章 自分の血肉になる「読書」の技術
第3章 超実践的な「英語」の学び方
第4章 結果に直結する「集中力」の鍛え方
第5章 「オンライン」を駆使して学びを加速させる
最終章 学びを通して新しい自分になる

要約ダイジェスト

マインド8割、メソッド2割

 最短で学びを得るために必要なものは、知識でも努力でもない。マスターしたいと思う「学ぶためのマインド」が全体の 80%であり、「学ぶべきメソッド」は 20%くらいといっても過言ではない。

 『マインドセット「やればできる!」の研究』の著者キャロル・S・ドゥエック氏によれば、人間のマインドセットには「硬直マインドセット=fixed mindset」と「しなやかマインドセット=growth mindset」の2種類がある。

「硬直マインド」、つまり能力を固定的にとらえてしまうと、一度の結果ですべてが決まってしまうと考えがちになる。すると困難な問題からは目を背け、短期的に解決可能な課題だけに取り組む傾向が強くなってしまう。さらには、才能さえあれば努力など必要ないと考え、能力を完全に発揮できなくなることもめずらしくない。

 しかし「しなやかマインド」、つまり能力を流動的なものだと捉え、努力こそが人を賢くすると考える人にとって、失敗は自分を成長させる糧となります。人はみな生まれた時点では、学ぶことが大好きなはずだ。赤ちゃんは失敗を恐れないし、恥ずかしがったりもしない。そんな「しなやかマインドセット」があれば、気楽な気持ちでものごとに挑戦できるようになるのだ。

 また、マスターしたいスキルや知識があるのなら、まずは強くイメージすること(ビジュアライゼーション)が非常に大切だ。例えばダイエットを成功させたいなら、痩せて理想の体形になった自分を想像する、英語を話したいのなら、外国人とぺラペラと英語で話をしている自分を想像するなどだ。

 得たいものを得ることができた未来の自分をありありと思い描けば、モチベーションを維持し続けることができる。そして学びながらも、そのスキルを得た自分像をつねに意識することで、それに合わせた「いまの行動」が変わる。こうしたビジュアライゼーションの効果は米・シカゴ大学の研究で科学的にも証明されているのだ。

短期集中学習の5つのポイント

1.モデリングできる(見本となる)人を探す

 その分野で一流の結果を出している人を探して、できればその先生から直接学ぼう。結果を出している人には、結果を出している原因が必ずある。もしその人たちのような結果を出したいのなら、その人たちがおこなっているオリジナルの知識やスキルを学び、実践していくことが必要なのだ。

 それを体系立てて行うことができるのが、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2020 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集