『なぜ「よそ者」とつながることが最強なのか』
(戸堂康之/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 新型コロナウイルスの蔓延により、経済危機や感染症の連鎖など、グローバル化の負の側面を感じた方も多いはずだ。またそれ以前より経済格差の拡大などで、自国優先、保護主義の「反グローバル化」の動きが活発化していた。では本当にグローバル化にはメリットを上回るデメリットしかないのだろうか。

 本書では、昨今の反グローバル主義に対してグローバル化の利益に再度着目、「よそ者」とつながる真の意味や恩恵を解説する。人類の歴史をひもときながらグローバル化への反感の理由を考察し、「三人寄れば文殊の知恵」をキーワードに、数々の科学的データから「つながり」とイノベーションや経済成長、幸福感との強い関連性を証明していく。

 著者は早稲田大学政治経済学術院経済学研究科教授で、国際経済学、開発経済学、ネットワーク科学の分野で数多くの実証研究を行う人物。グローバル化のメリット・デメリットを正しく認知することは次なるリスクに備えることにもつながる。仕事、プライベートを問わず、成長やイノベーションを考えたい方はぜひご一読いただきたい。

著者:戸堂 康之(Todo Yasuyuki)
 早稲田大学政治経済学術院経済学研究科教授。1967年大阪府生まれ。1991年東京大学教養学部卒業。学習塾経営を経て、2000年スタンフォード大学経済学部博士課程修了(経済学Ph.D.取得)。2000年-2001年南イリノイ大学経済学部助教授。2001年-2005年東京都立大学経済学部講師・助教授。2005年-2007年青山学院大学国際政治経済学部助教授。2007年-2014年東京大学新領域創成科学研究科国際協力学専攻准教授・教授・専攻長。2014年より現職。日本国際経済学会小島清研究奨励賞受賞(2017年)。
 国際経済学、開発経済学、ネットワーク科学の分野で、経済の発展や強靭性に資する実証研究を行っている。査読付き英語論文50本以上。一般向けの著書に『途上国化する日本』(日経プレミアシリーズ)、『日本経済の底力』(中公新書)など。
第1章 世界経済の分断がはじまっている
第2章 グローバル化で経済は成長するのか?
第3章 反グローバル化は人間の本能か?
第4章 グローバル化によって所得格差は拡大するか?
第5章 グローバル化で「対岸の火事」が飛び火するか?
第6章 グローバル化は国家安全保障の脅威となるか?
第7章 ポストコロナ時代のグローバル戦略
第8章 冒険心で日本経済を再生する

要約ダイジェスト

世界的に広がる反グローバル主義

 反グローバル化の波が世界を席巻している。新型コロナウイルスの感染が世界に拡大したことを機に、グローバル化に対する疑義が声高に唱えられ、アメリカと中国の分断が深刻化している。

 このような反グローバル化の動きは、コロナによって急に出現したものではない。コロナ前からトランプ米大統領は、TPPからの離脱、WTO軽視、中国との関税競争など、多くの保護主義的な政策を実施していた。EUを離脱したイギリスも、EUに反対する極右勢力が台頭する他のヨーロッパ諸国もそうだ。

 グローバル化は経済的な恩恵をもたらすはずなのに、世界中の多くの人々が保護主義を支持し続けるのはなぜか。

 1つには、グローバル化が進んだことで、先進国の製造業は中国などの新興国との競争にさらされ、雇用は失われ、国内の所得格差が拡大していることがある。また、海外と密接につながることで、経済ショックや感染症といった「対岸の火事」が国内に飛び火するリスクが大きくなっている。

 さらに、インターネットで世界中が結ばれたことで機密情報が漏洩しやすくなり、軍事的・技術的な安全保障が脅かされている。このような安全保障に対する懸念は、標準的な経済学では十分に分析できていなかった。

 そして、以上のような経済や安全保障上の損得に基づくグローバル化への反感が、特定の国に対する感情的な対立に発展してしまっているのだ。特に、アメリカや欧州などの先進諸国にとって所得格差の原因や安全保障上の脅威となっているのは中国であり、中国に対する感情は悪化している。

 グローバル化の経済的な恩恵を主張するだけでは保護主義を止めることができないのは、このようなさまざまな問題があったからだ。しかし、それでも私はグローバル化をさらに進めることが、日本人、そして世界中の人々の幸せにつながるという信念をもっている。

 人間は、20万年以上の長い歴史の中で、閉鎖的でありながらも、「よそ者」ともつながることで発展してきた。群れの中で、冒険心のある者が他の群れのよそ者と交流することで、その群れでは得られない新しいモノや知識を得る。これこそが他の動物にはない人間の特徴で、人間の発展の源泉なのだ。

三人寄れば文殊の知恵

 グローバル化とは、まさによそ者とつながることだ。それによって全く新しい情報や知識を得て、創意工夫をこらしてイノベーションを起こしていく。これを停滞させることは、人間の発展を阻み、私たちの暮らし向きを劣化させることでしかない。

 標準的な国際経済学の理論では、経済のグローバル化の利点とは、比較優位に基づく生産や効率的な資源配分を通じたものだ。実際は、グローバル化による利益はこれだけにはとどまらない。

 国内の企業や人材が海外の企業や人材と接触することで、新しい知識や技術を吸収して、イノベーションや創意工夫が活発に起きるようになる。これは、「三人寄れば文殊の知恵」として昔から経験的に知られていたことと同じ理屈であり、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2020 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集