『なぜか好かれる人がやっている100の習慣』
(藤本 梨恵子/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 近年、働き方改革や職場の生産性向上が叫ばれ、様々な施策が打たれているが、アメリカ労働科学研究所の調査によると、仕事の生産性を上げる要因の第一位は「人間関係の改善」であるという。そして仕事やプライベートを問わず、こうした良好な人間関係を築くのに必須なのがスキルとしてのコミュニケーション能力だ。

 本書では、心理学やコーチング、カウンセリングなどをベースにした、短期間で誰とでも信頼関係を築き、仕事と人生を良い方向に進めるためのテクニックを100の項目として解説。見た目やしぐさ、話し方、人付き合いから仕事・営業、ストレスフリーの習慣まで、具体的で実践しやすいコミュニケーションのコツが語られている。

 著者はコーチング、カウンセリング、マインドフル瞑想、NLP(神経言語プログラム)、カラーセラピーなどを習得し、キャリカウンセラー・講師として活躍する人物。仕事において、営業や社内コミュニケーションが多い方はもちろん、家族、恋人、友人などとのコミュニケーションに悩む方はぜひご一読いただきたい。

著者:藤本 梨恵子(Fujimoto Rieko)
 ファイン・メンタルカラー研究所代表。米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー。国家資格キャリアコンサルタント。産業カウンセラー。パーソナルカラーアナリスト。カラーセラピスト。
 愛知県生まれ。10年以上デザイナーを経験。当時月130時間を超える残業のストレスで前歯が折れる。これを機に「幸せな生き方とはなにか?」を考え、本格的にキャリアカウンセリングや心理学を学ぶ。NLP心理学を中心にコーチング、カウンセリング、マインドフル瞑想などの手法を習得し統合。その手法を生かし、キャリアカウンセラー・講師として独立。
 各企業・大学・公共機関の講演の登壇数は2000回を超え、婚活から就活まで相談者数は1万人超。コーチング、パーソナルカラー、カラーセラピスト、骨格診断ファッションアナリスト等のプロ養成講座の卒業生は500人を超え、個人診断においては1000人を超える。
第1章 見た目・仕草編
第2章 話し方編
第3章 人づき合い編
第4章 行動編
第5章 ポジティブ思考編
第6章 仕事・営業編
第7章 ストレスフリー編

要約ダイジェスト

口角の高さは好感度と比例する

 嫌われる人は口角が下がっている。もちろん、わざとではない。日本語は表情筋をあまり使わなくても発音でき、欧米人が表情筋を60%使うところを日本人は20~30%しか使わない。だから日本人は年齢が上がるほど口角が下がりやすいのだ。

 心理学では、内側のものは外側に現れると言う。つまり、笑顔でいるだけで無意識に“私はあなたに心を開いています”と相手に伝えていることになる。だから、誰かがあなたを思い浮かべたとき、『笑顔のあなた』を思い出すくらいいつも笑顔でいると好かれる。

 アメリカのデポー大学での研究では、卒業アルバムで笑顔の人と、そうでない人の人生を追跡すると、あまり笑っていない人の離婚率は、満面の笑みの人の5倍という結果が出ている。笑顔が人間関係に大きく影響するのだ。

 顔の輪郭は遺伝的要素が強いが、表情を笑顔にするか、仏頂面にするかは自分でコントロールできる。あなたの笑顔は必ず誰かを幸せにする。卒業アルバムで笑顔だった人が結婚生活が長続きするのは、ずっと笑顔の贈り物をし続けてきたからだ。

自分の報告は相手への質問とセットで

 人間関係では自分ではなく、いかに相手に関心を向けるかが重要だ。つき合いが長続きしない人のLINEのメッセージは、「今日は公園に来ています」「今、ハンバーグ食べています」という感じで、自分の報告のみで終わっている。

 人は自分に強い関心がある。だから、自分を気遣ってくれるようなメッセージをくれる人に好感を抱く。例えば、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2020 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集