『Unlocking Creativity チームの創造力を解き放つ最強の戦略』
(マイケル・A・ロベルト/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 イノベーションや創造性の発揮は、いまや一部の個人や企業だけが目指すべきものではなくなっている。しかし、日本だけでなく海外でも、多くの企業や組織にクリエイティブな発想を阻害する6つの「思い込み」が存在するという。それは「過程」「基準」「予測」「構造」「集中」「反論」に関するものだ。

 これらの思い込みの中には、これまで創造性の発揮において良いものとされてきた「組織構造の改革」や「チームが集中できる環境を整える」「あえて反論を取り入れる」なども含まれる。本書ではこれらの6つの思い込みが、どのように創造力を阻害するのか、そしてそれらが阻害要因とならない工夫を、具体的な企業の事例を交えて解説する。

 著者はハーバード・ビジネススクールなどを経て、米国ブライアント大学経営学教授を務める人物。著者によれば、どのような企業にもイノベーティブな人材がすでに存在するのだが、上記の「思い込み」によって押さえつけられてしまっているという。組織やチームの創造性を向上させたいリーダー・マネジメント層はぜひご一読いただきたい。

著者:マイケル・A・ロベルト(Michael A. Roberto)

 ブライアント大学(ロードアイランド州スミスフィールド)経営学教授。ハーバード・ビジネス・スクール教授、ニューヨーク大学スターン・スクール・オブ・ビジネスの客員教授を務めた経験を持つ。ケースセンター(事例研究の発展を目的とした非営利機関)が行った最新の調査において、世界でもっともケーススタディが売れた作成者トップ25に名を連ねた。考案したシミュレーションは世界中のビジネススクールや企業で採用されていて、フォリオ社とハーバード・ビジネス・パブリッシングと協力して制作した「エベレスト・リーダーシップ・アンド・チーム・シミュレーション」や「フード・トラック・チャレンジ」などがある。
 これまでに、『なぜ危機に気づけなかったのか──組織を救うリーダーの問題発見力』(飯田恒夫訳、英治出版、2010年)と『決断の本質──プロセス志向の意思決定マネジメント』(スカイライト コンサルティング訳、英治出版、2006年)を上梓。また、意思決定、リーダーシップ、ビジネス戦略をテーマにしたオーディオ/ビデオ講義シリーズもある。
 1991年にハーバード大学で経済学の学士を取得。その後1995年にハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得したときは、ジョージ・F・ベイカー・スカラー(成績上位5%の学生に与えられる称号)を得て修了し、2000年に博士号も取得した。

訳者:花塚 恵(Hanatsuka Megumi)
 翻訳家。福井県福井市生まれ。英国サリー大学卒業。英語講師、企業内翻訳者を経て現職。主な訳書に『米海軍で屈指の潜水艦艦長による「最強組織」の作り方』(東洋経済新報社)、『苦手な人を思い通りに動かす』(日経BP)、『Appleのデジタル教育』(かんき出版)、『脳が認める勉強法』(ダイヤモンド社)など。東京都在住。

第1章 新しいアイデアへの抵抗
第2章 過程に関する思い込み
第3章 基準に関する思い込み
第4章 予測に関する思い込み
第5章 構造に関する思い込み
第6章 集中に関する思い込み
第7章 反論に関する思い込み
第8章 優れたリーダーはよい教師のようにふるまう

要約ダイジェスト

想像力を阻害する6つの思い込み

 今ほど創造力が必要な時代はない。現代社会は、教育、医療、貧困といった解決が必要な厄介な問題を抱えている。ビジネスにおいても、さまざまな業界の一流企業が生き残れるかどうかの瀬戸際に立たされている。

 だが社内には、創造力を阻害する次の6つの「思い込み」がはびこっている。これらを変えない限り、創造力を発揮できるようにはならない。

1.「過程」に関する思い込み

 現代の企業経営者が問題解決にあたるときは、直線的に考えることがほとんどだ。まずは入念に計画を立て、それを実行に移す。だが、クリエイティブな発想が生まれるには反復の過程が必要だ。

 レオナルド・ダ・ヴィンチという画家はすぐに集中力をなくした。締切を破ることもしょっちゅうで、完成させる前に制作をやめてしまった作品も大量にある。絵を描いていてもすぐに違うことに興味が移り、その対象は多岐にわたった。

 レオナルドは、解剖学、建築学、工学、植物学、地学、数学をはじめとするさまざまな学問を学び、得た知識は作品に還元された。光についての研究が遠近法や影の使い方の習得に一役買ったのは明らかだ。

 レオナルドは何を制作するときも、計画を立ててから実行に移すという直線的なやり方ではなく、準備、省察、修正という工程を繰り返し行った。彼にとって、絵を描くことは旅であり、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2020 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集