『言語化力』
(三浦 崇宏/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 かつては著名人や作家など、マスメディアに出られる人しか、影響力のある発言をする機会を与えられていなかった。だが現在は、SNSをはじめ、様々な場面で誰もが社会の不特定多数に向けて発言できる時代になっている。そんな時代に必要となるのが「言語化力」、すなわち言葉を使いこなし、人を動かすことができる力である。

 言葉にするのが苦手という方も多いが、本書では、思考を言葉にするプロセスを詳細に解説。印象に残る言葉の特徴、どうすれば言葉で人を動かすことができるのかなど、事例を多数用いて実践的に学べる内容となっている。言葉に救われ、言葉で闘ってきたという著者のエピソードが、「言葉は武器」という主張に説得力をもたらしている。

 著者は博報堂出身で、クリエイティブディレクターを「アイデアの力で社会や企業の活動に変化を起こす専門家」と定義してプロモーションや PRを手がける The Breakthrough Company GOの代表を務める人物。自分の考えを組織や社会に発信したい方、とっさのときにもインパクトがある発言をしたい方など、幅広いビジネスパーソンに役立つ一冊だ。

著者:三浦崇宏(Miura Takahiro)
 The Breakthrough Company GO 代表取締役、PR/CreativeDirector 博報堂・TBWA\HAKUHODOを経て2017年独立 『表現を作るのではなく、現象を創るのが仕事』が信条。日本PR大賞・CampaignASIA Young Achiever of the Year・ADfest・フジサンケイグループ広告大賞・グッドデザイン賞・カンヌライオンズクリエイティビティフェスティバル ゴールド他受賞。ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS イノベーション部門グランプリ/総務大臣賞 受賞。広告やPRの領域を超えて、クリエイティブで企業や社会のあらゆる変革と挑戦を支援する。
序 章 すべては言葉から生まれる―仕事も人間関係も人生も
第1章 「言葉にする」方法
第2章 印象に残る言葉をつくる
第3章 人を動かす
第4章 言葉で未来を指し示せ
おわりに 僕らが消えたあとに残るのは「言葉」だけ

要約ダイジェスト

誰もが「伝える価値」を持つ時代になった

「保育園落ちた 日本死ね」。2016年、たった一人の、街に生きる普通の女性の、無名のアカウントから発信されたツイートが、メディアにも取り上げられ、国会での議論になるほどの大きなテーマになった。

 保育園に入れなかったというむきだしの事実と、日本の社会制度に対する批判がわずか 10文字につまった言葉。有名人でも学者でもない、たった一人のツイートが、国を動かすきっかけになった。私たちは今、そんな社会に生きている。

 言葉が持つ最大の機能は「共感」と「速度」だ。映像や画像よりも速く、情報流通の波に乗せ、誰かに共感を届ける。これができるのは言葉だけだ。そして、その共感を得るためには、一般の人の言葉を拾ったほうがいいというケースが増えている。

「イクメン」という言葉ができたから、父親の育児参加がより促進された。「おひとりさま」という言葉ができたから、孤食の市場が広がった。社会や自分の環境を変えるための

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2020 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集