『科学的な適職』
(鈴木 祐/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 2012年、コーネル大学が 1,500人もの老人に「人生でもっとも後悔したこと」を尋ねたところ、一番多かったのは「なんでもっと良い仕事を探さなかったのだろう」「あんな職場はすぐに辞めるべきだった」といったキャリア選択への未練の言葉だったという。それほどまでに、就職・転職などキャリア選びの後悔は人生の後悔に直結するのだ。

 なぜ、人はキャリア選択に失敗してしまうのか。それは、人類史を通じて職業選択の自由と無縁だったため、人間の脳は、キャリア選びなどの複数に分岐した未来の可能性を処理するのが苦手だからだ。さらに、人間の脳特有の意思決定上のバグ(バイアス)もある。そこで本書では科学的根拠に基づき、正しい「キャリア選択」の方法を解説。

 具体的には、5ステップに体系化された手法「AWAKE(アウェイク)」によって、可能な限り「適職」を選ぶ際の意思決定の精度を高めていく。読者はその過程で、「好きなことを仕事にする」「適性で選ぶ」といった常識が覆ることに驚くだろう。就職・転職を考えている方だけでなく、人生の幸福について興味関心がある方は必読の一冊だ。

著者:鈴木 祐(Suzuki Yu)
 新進気鋭のサイエンスライター。1976年生まれ、慶應義塾大学SFC卒業後、出版社勤務を経て独立。10万本の科学論文の読破と 600人を超える海外の学者や専門医へのインタビューを重ねながら、現在はヘルスケアや生産性向上をテーマとした書籍や雑誌の執筆を手がける。
 自身のブログ「パレオな男」で心理、健康、科学に関する最新の知見を紹介し続け、月間 250万PVを達成。近年はヘルスケア企業などを中心に、科学的なエビデンスの見分け方などを伝える講演なども行っている。著書に『最高の体調』(クロスメディア・パブリッシング)『ヤバい集中力』(SBクリエイティブ)他多数。
はじめに
序章 最高の職業の選び方
ステップ1 幻想から覚める─仕事選びにおける7つの大罪
ステップ2 未来を広げる─仕事の幸福度を決める7つの徳目
ステップ3 悪を取り除く─最悪の職場に共通する8つの悪
ステップ4 歪みに気づく─バイアスを取り除くための4大技法
ステップ5 やりがいを再構築する─仕事の満足度を高める7つの計画
おわりに
読者特典
参考文献

要約ダイジェスト

正しい職業選択のための5ステップ「AWAKE」

 世の中には、さまざまなキャリアアドバイスが存在するが、これらのアドバイスが問題なのは、その大半が個人の経験や嗜好にしかもとづいていないことだ。そこで、複数のデータから「幸福な仕事選び」に役立つ可能性が高いテクニックだけを抜き出し、バラバラだった知見を体系化したのが、次の5つのステップである。

ステップ1 幻想から覚める(Access the truth)
ステップ2 未来を広げる(Widen your future)
ステップ3 悪を取り除く(Avoid evil)
ステップ4 歪みに気づく(Keep human bias out)
ステップ5 やりがいを再構築する(Engage in your work)

 以上の流れを、本書ではそれぞれの頭文字をつなげて「AWAKE(アウェイク)」と呼ぶ。その最大の目的は、①意思決定の精度を上げて正しい仕事を選ぶ、②正しい仕事を通して人生の幸福度を上げる、の2つのみ。この最終ゴールさえ間違わなければ、「AWAKE」の実践により、あなたの人生は確実に良い方向に向かうはずだ。

ステップ1 幻想から目覚める

 仕事選びにおいてまず行うべきは、誰もがハマリがちな定番のミスを知っておくことだ。この点において、現時点で多くの研究が「人間の幸福とは“関係ない”仕事の要素」について信頼性の高い答えを示しており、まとめると大きく以下の7つに分けられる。

①好きを仕事にする
②給料の多さで選ぶ
③業界や職種で選ぶ
④仕事の楽さで選ぶ
⑤性格テストで選ぶ
⑥直感で選ぶ
⑦適性に合った仕事を求める

 いずれもよく見かけるアドバイスだが、残念ながらこれらの行動はすべて大間違いだ。例えば、多くの研究によって、自分の好きなことを仕事にしようがしまいが、最終的な幸福感は変わらないことがわかっている。

 いかに好きな仕事だろうが、現実には、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2018 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集