『本当に必要なことはすべて
「ひとりの時間」が教えてくれる』
(横田真由子/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 SNSやスマートフォンの普及などで、「ひとりで過ごす時間」が持ちづらくなっている。そのため、最近では「SNS断ち」や「デジタル断食」などを勧める報道や記事を目にすることも多い。もちろんそれらも有効だが、そもそもの生き方や考え方が変わらないのであれば、一度やめてもまた元に戻ってしまうのではないだろうか。

 そこで本書では、思考を深め、自分の気持ちと素直に向き合う「ひとりの時間」をつくるためのキーワード「ミニマムリッチ®(=上質なものを少しだけ持つ)」という考え方を軸に、毎日を丁寧に過ごすための習慣、時間やお金を生み出すファッションやモノの選び方、人間関係やキャリア、お金、人生へのヒントを示している。

 著者はケリングジャパン(旧 GUCCI JAPAN)販売スタッフとして著名人や VIP客の担当となり、3年で店長に昇格。顧客獲得数NO.1となり、現在はライフスタイルコンサルタントとしてセミナー、講演、執筆活動を行う横田真由子氏。仕事や時間に追われている、自分の時間が最近持てていないと感じる方はぜひご一読いただきたい。

著者:横田真由子(Yokota Mayuko)
 ミニマムリッチ®コンサルタント/オフィスファーレ代表。株式会社ケリングジャパン(旧GUCCI JAPAN)販売スタッフとして有名人やVIP客の担当となり、3年で店長に昇格。顧客獲得数NO.1となる。VIP客の物選びに女性としての優雅な生き方を学び、独自の「大人エレガンス」を実践する契機となる。2004年、英語の「DO」と同義語のイタリア語「fare」を屋号に、「オフィスファーレ」を設立。
 ものをただ使い捨てるのではなく、選んだものを大切に手入れしながら愛し抜く姿勢に、真の豊かさを感じ、「上質なものを少しだけ持つ人生」=「ミニマムリッチ®ライフ」を提唱し、セミナー、講演、執筆活動を行う。著書に『本当に必要なものはすべて「小さなバッグ」が教えてくれる』『すてきな靴が一歩ふみ出す自信をくれる』(クロスメディア・パブリッシング)など。
はじめに
第1章 ゆとりを取り戻すための丁寧な時間の重ね方
第2章 時間とお金のハッピーなバランス感覚
第3章 上質を見極める買い物のルール
第4章 仕事も人間関係も余白をもたせて質を上げる
第5章 日々の生活から大人の品格は育まれる
第6章 私らしい選択としあわせの美学
おわりに

要約ダイジェスト

本当に必要なことはすべて「ひとりの時間」が教えてくれる

 ある名門ブランドで販売員として働いていた時、私の前には、いつも憧れのお客様たちがいた。余裕のあるライフスタイルを実践する上品な方々。自分らしくよい品を身につけていて、親しみやすく、あたたかく、チャーミングなお人柄だ。

 そんなお客様たちは、品物を選びながら、よく日々の出来事を聞かせてくれた。中でも印象に残ったのは、自由で上質な「ひとりの時間」だ。「さっきまで、行きつけのカフェで本を読んでいたの」「大きな仕事を終えたご褒美に、ひとりでフレンチに行ったのよ」…そして、そんなお客様たちの手には、決まって、そのお客様らしい素敵な時計が優雅な時間を刻んでいた。

 今は、スマートフォンを時計代わりにしている方も多いが、時間を確認するだけのつもりでも、SNSなどの情報が絶えず飛び込んでくる。だが、お気に入りの時計があれば、つながりすぎる時間から解放される。ひとりの時間を味わえば、頭も心もクリアになる。

 もちろん、忙しい日々の中で、いつもそんなふうに過ごすことはできない。だからこそ、大切なのは、少しだけでいいので、時間の質を上げていくことだ。何気ない毎日の習慣を、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2018 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集