『「つながり」の創りかた―新時代の収益化戦略 リカーリングモデル』
(川上昌直/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 近年注目を集めているビジネスモデルの一つに「サブスクリプション」がある。いわゆる継続課金型のビジネスモデルで、ものづくり・売り切り型企業からサブスクリプションへと転換を試みる企業も多い。ではその成否を分けるものは何か。ビジネスモデル、マネタイズ論が専門の著者によれば、それがタイトルにもなっている「つながり」である。

 つながりとはユーザーとの継続的な関係性を指すが、簡単に実現できるものではなく、「プロダクト」思考から「つながり」思考への根本的な発想の転換が必要なものだ。本書では、サブスクリプションをはじめとする様々なリカーリング(継続収益)型ビジネスモデル、国内外の企業事例をもとに、真のつながりのつくり方を体系的に解説する。

 著者は「現場で使えるビジネスモデル」の体系化に定評があり、自身も多数の企業のアドバイザーを務める実践派の経営学者。売り切り販売型モデルを進化させたい経営者や、サブスクリプション型ビジネスが伸び悩んでいる企業の担当者などはぜひご一読いただきたい。ビジネスを俯瞰的に見直す多くのヒントが得られるはずだ。

著者:川上 昌直(Kawakami Masanao)
 兵庫県立大学国際商経学部教授、博士(経営学)。1974年大阪府生まれ。福島大学経済学部准教授などを経て、2012年兵庫県立大学経営学部教授、学部再編により現職。「現場で使えるビジネスモデル」を体系づけ、実際の企業で「臨床」までを行う実践派の経営学者。
 専門はビジネスモデル、マネタイズ。『ビジネスモデルのグランドデザイン』(中央経済社)は、経営コンサルティングの規範的研究であるとして、日本公認会計士協会・第41回学術賞(MCS賞)を受賞。ビジネスの全体像を俯瞰する「ナインセルメソッド」は、規模や業種を問わずさまざまな企業で新規事業立案に用いられ、自身もアドバイザーとして関与。また、講演活動や各種メディアを通してビジネスの面白さを発信している。
 著書に、『ビジネスモデル思考法』『マネタイズ戦略』(ダイヤモンド社)、『儲ける仕組みをつくるフレームワークの教科書』『課金ポイントを変える利益モデルの方程式』(かんき出版)などがある。
序 章 サブスクリプションを支える「つながり」
第1章 売り切りモデルの停滞
第2章 リカーリングモデルのバリエーション
第3章 リカーリングモデルの利益思考
第4章 つながりを強化する
第5章 つながりを可視化する
第6章 メンバーシップが強いつながりを生む
終 章 マネタイズを実現するアセタイズ

要約ダイジェスト

サブスクリプションを支える「つながり」

 モノが売れなくなり、売上が立たなくなる企業があとを絶たない。その中で今、勝ち残る収益化モデルとして注目されているのがサブスクリプション(ユーザーから月額あるいは年額で一定額の利用料をもらう収益化モデル)だ。

 実は、サブスクリプションは、「リカーリングモデル」という収益化モデルの1つだ。リカーリングとは「リカーリングレベニュー」の略で、収益が繰り返すという意味である。その点において、フリーミアムもレーザーブレイド(カミソリの刃モデル)も、今注目されているサブスクリプションも同じ形態なのだ。

 だが上場企業や成熟した企業がリカーリングモデルに企業を変えたい、あるいは変えようとして失敗した話も多い。なぜ、失敗するのか。その答えは、企業がリカーリングモデルを採用するとき、圧倒的に欠けている視点があるからだ。それが、本書でいう「つながり(ユーザーとの関係性)」である。

 ユーザーとのつながりが弱い企業は、リカーリングモデルを採用してもうまくいかない。たとえば、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2018 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集