『世界の51事例から予見する ブロックチェーン×エネルギービジネス』
(江田 健二/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 データを中央集権型ではなく分散型で安全・安定的に管理する革新的技術「ブロックチェーン」。ブロックチェーンは近年話題の仮想通貨ビットコインにも利用されているが、その影響は金融業界にとどまらない。特に親和性が高いと目されているのが、再生可能エネルギーやアジア・アフリカ市場の急成長といった変化の渦中にあるエネルギー業界だ。

 本書では、技術的な説明を極力減らし、ブロックチェーンがエネルギー業界や社会に与える影響を中心に、そこで生まれる新たなビジネスモデルを解説。世界の50以上のエネルギービジネスにおけるブロックチェーン活用事例や現状の課題、今後の長期的な展望も交え、現時点で最新の情報が網羅された貴重な一冊と言えるだろう。

 著者は、一般社団法人エネルギー情報センター(EIC)理事で、環境ビジネスおよびCSRコンサルティングを行うRAUL(ラウル)株式会社代表を務める江田健二氏。デジタルテクノロジーや環境・エネルギー分野、ブロックチェーンによる新たなビジネスチャンスに興味関心がある方はぜひご一読いただきたい。

著者:江田 健二(Eda Kenji)
 1977年、富山県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。エネルギー/化学産業本部に所属し、電力会社・大手化学メーカーなどを担当。アクセンチュアで経験したITコンサルティング、エネルギー業界の知識を活かし、2005年に起業後、RAUL(ラウル)株式会社を設立。一般社団法人エネルギー情報センター理事、一般社団法人エコマート運営委員、一般社団法人CSRコミュニケーション協会理事、現職。
 「環境・エネルギーに関する情報を客観的にわかりやすく広く伝えること」、「デジタルテクノロジーとエネルギー・環境を融合させた新たなビジネスを創造すること」を目的に執筆・講演活動などを実施。著書にAmazonベストセラー第1位(エネルギー一般関連書籍部門)となった『エネルギーデジタル化の未来』、『エネルギー自由化は「金のなる木」70の金言+α』(以上エネルギーフォーラム)など多数。
第1章 ブロックチェーンは、ビジネスにおいて何を実現してくれるのか?
第2章 新たに生まれる100兆円市場 急激な変化の渦中にあるエネルギー産業
第3章 ブロックチェーンとエネルギーの可能性、そして越えるべき壁
第4章 ファーストステップ:コスト削減、スピードアップ、そしてビットコイン 17社
第5章 セカンドステップ:業界の垣根を越えて生まれるビジネスモデル 15社
第6章 サードステップ:35年前の予言 エネルギービジネスの主役交代 19社
第7章 日本から世界へ 果敢に挑戦する企業
【コラム】注目が集まるデジタル技術の活用、エナリスが進める電力×デジタルの取り組み
【コラム】社会経済原理に基づく電力融通とは?ブロックチェーンを活用した「デジタルグリッド」が実現する未来

要約ダイジェスト

ブロックチェーンは、ビジネスにおいて何を実現してくれるのか?

 仮想通貨は、ビットコイン以外にもすでに1,000を超える種類がある。この増え続ける仮想通貨を、世界中で数百万人以上の人々が自由に売買できるのは、ブロックチェーンの仕組みのおかげだ。

 仮想通貨取引でのブロックチェーンの利点とは、「離れた相手との取引を誰にも邪魔されず2人だけで素早くできる」ことだ。例えば、日本からブラジルへの海外送金は、日本国内での送金に比べると多くのハードルがある。

 ひとつは手数料の問題で、複数の金融機関の仲介が必要なため手数料の合計が1万円を超えることもある。加えて、送金手続きには金融機関で何枚も書類にサインしなくてはならない。やっと振り込めたと思っても、相手に届くのは数日後になる。

 ブロックチェーンを使う仮想通貨であれば、仲介者は必要なく、送金手数料も数百円で済む。ソファーに寝転びながら、スマートフォンでブラジルの友達に送金することができる。しかも相手には1時間もしないうちに届く。

 このようなことができるのは、ブロックチェーンが国の「信用力」と金融機関の「仲介業務」の2つの役割を代行してくれるからだ。そしてブロックチェーンが国の代わりに仮想通貨の信用を担保できるのは、ブロックチェーンでの取引情報の改ざんが事実上、不可能(非常に困難)だからである。

 仮想通貨以外にも、ブロックチェーンは、契約締結のフローを単純に、かつ速やかにできる。手順は、契約内容を確認し、双方がインターネット上でサインするだけ。これは、契約に合意したという事実が「改ざん困難な情報として保存される」という特徴によるものだ。したがって、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2018 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集