『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』
(西岡 壱誠/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 「読書術」に関する書籍の多くは、効率よく本の内容をインプットする手法を解説する。そんな中で本書は、読書で「地頭力」を鍛えるという異色の一冊だ。著者は歴代東大合格者ゼロの無名校の落ちこぼれ(元偏差値35)状態から一念発起、自ら考案した「『読む力』と『地頭力』を身につける読み方」の実践によって東大に合格した現役東大生。

 本書では、著者が実践した「東大読書」法を5つのステップで詳細に解説する。「装丁読み」「取材読み」「要約読み」「議論読み」など様々な読み方が紹介されているが、一読すれば、それらが単に読解力を高める読書方法ではなく、能動的に自分の意見を考えるための知的生産の技術でもあることに気づくはずだ。

 「本の内容がなかなか頭に入ってこない」「読んだ本の内容を忘れてしまう、活かせない」という方はもちろん、情報処理・論理的思考力をブラッシュアップしたい方もぜひご一読いただきたい。さらに本書では学内書評誌の編集長も務める著者の推薦書籍、東大流「読むべき本の探し方」も解説されており、読書好きの方も楽しめる内容となっている。

著者:西岡 壱誠(Nishioka Issei)
 東京大学3年生。歴代東大合格者ゼロの無名校のビリ(元偏差値35)だったが、東大受験を決意。あえなく2浪が決まった崖っぷちの状況で「『読む力』と『地頭力』を身につける読み方」を実践した結果、みるみる成績が向上し、東大模試全国第4位を獲得。東大にも無事に合格した。
 現在は家庭教師として教え子に 「『読む力』と『地頭力』を身につける読み方」 をレクチャーする傍ら、 1973年創刊の学内書評誌「ひろば」の編集長も務める。また、人気漫画『ドラゴン桜2』(講談社)に情報提供を行なう「ドラゴン桜2 東大生チーム『東龍門』」のプロジェクトリーダーを務め、受験や学習全般に関してさまざまな調査・情報提供を行っている。
著書に『現役東大生が教える「ゲーム式」暗記術』『読むだけで点数が上がる!東大生が教えるずるいテスト術』(以上ダイヤモンド社)『現役東大生が教える 東大のへんな問題 解き方のコツ』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。
はじめに 偏差値35だった僕を変えてくれた「東大読書」
PART 1 地頭がよくなる「東大読書」の5ステップ
 STEP 1 仮説作りで「読み込む力」が劇的に上がる!―東大生は「読み始める前」に考える
 STEP 2 取材読みで「論理の流れ」がクリアに見える―東大生は「読者」ではなく「記者」になる
 STEP 3 整理読みで、難しいことも「一言で説明できる」ようになる―東大生は立ち止まりながら読む
 STEP 4 検証読みで「多面的なものの見方」を身につける―東大生はカバンに「2冊の本」を入れている
 STEP 5 議論読みで本の内容を「ずっと記憶」しておける―東大生はアウトプットを重視する

PART 2 東大流「読むべき本」の探し方
 METHOD 0 「得るものが多い本」をどう選ぶか
 METHOD 1 売れている本「ベストセラー」を選ぼう!
 METHOD 2 信頼できる人のレコメンド
 METHOD 3 時代を超えて読み継がれている古典
 METHOD 4 「今年のマイテーマ」を決める
 METHOD 5 「読まず嫌い」を避ける

要約ダイジェスト

「地頭力」は「本の読み方」を変えるだけで鍛えられる

 「地頭力」とは、「素の頭の良さ」「自分で考える力」のことだが、実は「地頭」は、本の読み方を変えるだけで鍛えられる。「地頭力」を鍛えるには、大前提として「本を読み込む力」が必要だが、これも実は東大生の読み方なら簡単に得られる力だ。

 東大生全員に当てはまる法則、それは、東大生は何事においても「受け身」を嫌うということだ。東大生の読書は「なるほど、そうなのか」では終わらせない。「それはなんでなんだろう?」「それって本当かな?」などと「能動的に」読書をする。読み終わった後も、感想を友達と語り合ったり、自分の意見をぶつけたりすることが大好きだ。

 能動的に、次にどういう展開が来るのかを考えながら読んだほうが、本の内容を理解しやすく、そうすることで「本を説み込む力」は鍛えられる。また、能動的に「自分だったらどういう結論を出すだろう?」などと自分で考えていくことで、「地頭力」が鍛えられるのだ。以下に「読み込む力」と「地頭力」とを同時に鍛える「東大読書」をステップごとに紹介する。

地頭が良くなる東大読書の5ステップ

STEP1 仮説作りで「読み込む力」が劇的に上がる

 「東大読書」は読む前から始まっている。東大生の多くは、国語の長文読解問題が出題されたら、まず真っ先に「問題文」を見る。なぜなら、問題文の中にはその長文の内容を問う問題が並んでいるので、ここからその長文の内容をおおよそ把握することができるからだ。

 読書も同様に「文章の外のヒント」を吸収しておけば、その本を読むためのヒントが得られる。それには「装丁読み」、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2018 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集