『江戸のCFO 藩政改革に学ぶ経営再建のマネジメント』
(大矢野 栄次/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 江戸時代、諸藩は参勤交代や幕府の公共事業の費用を負担し、時に大洪水や凶作など自然災害に見舞われることもあり、莫大な借金を抱え込んでいた。その結果、武士の多くは日々の生活にも困るありさまだったという。貨幣経済が発展する中、苦しい経済状況にある藩政改革の推進役となったのが、藩主を含む多彩な財政家だ。

 本書では経済学者である著者が、江戸時代にユニークな「藩政改革」に挑戦した人物の言動を追い、CFO(最高責任者)の奮闘記として描き出している。インセンティブの導入、地域の産業振興策の実践、流通システムの効率化、特産品の高付加価値化…、時代背景は異なっても、こうした経営施策に取り組んだ彼らの大胆な発想やノウハウは、現代のビジネスにおいても有益なヒントを与えてくれる。

 「なせばなる なさねばならぬ何事も ならぬは人のなさぬなりけり」とは、本書の登場人物である米沢藩主・上杉鷹山の歌だ。絶望的な財政状況を前にして、信念を曲げることなく激動を乗り切った彼ら財政家の不屈の精神力から、リーダーシップやマネジメントのあり方を学ぶこともできるだろう。組織の要職にある方はぜひご一読いただきたい。

著者:大矢野 栄次(Oyano Eiji)
 1950年、愛媛県生まれ。1974年、中央大学経済学部卒業。1977年、中央大学大学院経済学研究科修士課程修了。1982年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。佐賀大学経済学部講師、同大助教授を経て、1994年より久留米大学経済学部教授。著書に『安売り卵の経済学』『ケインズとマクロ経済学』『経済学でひも解く日本の歴史(上・下)』(以上、同文舘出版)、『日本経済と国際経済の考え方』(中央経済社)などがある。
序章 なぜ、江戸時代の武士社会は「改革」を必要としたのか
第1章 恩田木工・松代藩真田家―インセンティブの導入で収入増を実現した「前代未聞の賢人」
第2章 上杉鷹山・米沢藩上杉家―産業振興策で「輸出立国」をめざした江戸時代随一の敏腕経営者
第3章 山田方谷・備中松山藩板倉家―地元産品のブランド化と藩札の信用回復で借金一〇万両を完済したCFO
第4章 村田清風・長州藩毛利家―特産品の高付加価値化と商社事業で倒幕資金の捻出に成功
第5章 調所広郷・薩摩藩島津家―偽金づくり、搾取、密貿易…汚れ役に徹して巨額の負債と心中した男

要約ダイジェスト

なぜ、江戸時代の武士社会は「改革」を必要としたのか

 江戸後期になると財政破綻寸前にまで追い詰められた藩が多く、苦境から脱出するため、諸藩は財政再建を柱とする「藩政改革」を行った。なぜわが国を支配していた武士たちが困窮しなければならなかったのか。それは、政権の安定をめざした幕府が諸藩に継続的な財政負担を強いて、その弱体化をはかっていたからだ。

 そのために絶大な効果を発揮した施策が「参勤交代」と「手伝い普請」だ。例えば最も江戸から遠い薩摩藩の参勤交代の費用は、片道6億円以上と考えられている。手伝い普請は、諸藩が経費を分担して行う、城の建設や治水工事など大規模な土木工事のことだ。

 このような大名統制策に次ぐ財政悪化の要因が、洪水や地震、冷害、干魃である。自然災害が発生した藩では被災者に食糧支援や復興事業を行なうため、臨時出費を強いられる。さらに米など農作物が被害を受けると、収入が減って支出が増える二重の打撃を被った。

 また、武士の社会は米を財政基盤とする「石高制」を原理とし、税として納められ、藩から支給された米をカネに換えて生活していた。だが貨幣経済が浸透し諸物価が上昇する一方、米の価格はそれほど上がらなかった。新田開発などによって、米の生産量が増加したからだ。つまり、彼ら武士は年収が固定されていたうえ、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2018 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集