『AIが神になる日―シンギュラリティーが人類を救う』
(松本徹三/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 人工知能(AI)の加速度的な発展に伴い、「人間とAIはどう向き合うべきか」が毎日のように議論されている。そんな前代未聞の時代に、「AIが人類を滅ぼす」と警告する識者も少なくないが、本書は「AIが人間に代わって世界を支配しなければ、人類は滅びる」という大胆な仮説を提唱する。つまり、合理性や判断に不完全さを残す人類が今後の道を誤らないためには、正しい心を持ったAIが「神」となることが必要だということだ。

 そのためには、正しい価値観や道徳観などをAIに実装しなければならないが、それは「善悪とは何か」「正義とは何か」「意識とは何か」といった哲学の領域になる。本書ではそうした哲学や、宗教についての根源的な考えに触れながら、AIが統治する世界の最善のシナリオを提示。さらに、今から AIがシンギュラリティーに達するまでの間の時代に、私たちがどう生きるべきかの具体例も示している。

 著者は、ジャパン・リンク代表取締役社長でソフトバンクなど国内外の通信関連企業のアドバイザーやコンサルタントとして活躍する人物。本書の提起する課題は、単なる思考実験ではなく現実の我々の未来に直結している。AIの危険性を恐れて投げ出すのではなく、勇気をもって向き合うべきだと説く本書は、AI開発者だけでなく、これからの時代を生きるすべてのビジネスパーソンの必読書と言えるだろう。

著者:松本徹三(Matsumoto Tetsuzo)
(株)ジャパン・リンク代表取締役社長、ソフトバンク(株)シニア・アドバイザー。伊藤忠(米国会社SVP、東京本社通信事業部長等)、クアルコム(日本法人社長、米国本社SVP)、ソフトバンクモバイル(取締役副社長)等で55年にわたり第一線の仕事をこなし、現在もなお、コンサルタントとして世界を舞台に活躍中。
第一章 シンギュラリティーに向かうAI
第二章 人間と「神」
第三章 すべての「人間的なもの」
第四章 AIと向き合う哲学

要約ダイジェスト

人間は AIとどう向き合うべきか?

 AI(人工知能)の能力が飛躍的に拡大すると、あらゆる分野で膨大な仮説が次々に生み出され、検証され、相互に関連付けられていく。こうなると、当初は人間がプログラムした検索や推論の方法も、AIは次々に自力で改善していき、AIが「より優れたAI」を自ら作り出すという「加速度発展」が無限に続き、現在の我々にはまったく想像もできない世界が到来する可能性がある。このような仮説をテクノロジカル・シンギュラリティーという。

 これまで、AIやロボットの人間に対する優位性を語るときには、第1には「スピード」、そして第2には、「24時間休みなく働き続ける」ことだった。しかし、ここに第3のポイントが現れる。それは、「先入観」「偏見」「身びいき」「同情」「執着」「迷い」「嫉妬」「自己顕示欲」といった、「人間的な弱点」から自由であることだ。

 したがってAIは、マニュアル通りに働く仕事よりは、むしろ、高度の知識と判断力が求められる職種に向いているだろう。医師や弁護士のような専門職や、企業の管理職や経営者、さらには政治家や経済政策の立案者の仕事は、今後大幅にAIに取って代わられる可能性がある。

 そしてさらに、科学技術の彼方にある、人間の最後の砦、哲学や宗教の世界にまで入り込んでくるかもしれない。極端な話をすれば、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2018 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集