『SHOE DOG(シュードッグ)』
(フィル・ナイト/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 今やスポーツ用品のトップカンパニーとなったナイキだが、その始まりは日本のシューズメーカー「オニツカ」をアメリカで販売する小さな代理店だった。著者のフィル・ナイト氏は、なぜナイキを創業し、どうやって世界一のメーカーに育て上げたのか。本書はその紆余曲折を、さまざまな登場人物を交えながら、自伝的に語ったものだ。

 著者は1962年にランニングシューズビジネスを起こそうと思い立ち、日本へと向かった。そこからオニツカとの契約成立、アメリカでの販売網の拡大、契約打ち切り、ナイキブランドの誕生といった株式公開までの道のり、そして功なり名を遂げた今著者が思うことが、本書には赤裸々に描かれている。その道のりは順風満帆ではなく、訴訟や資産凍結など、著者は幾度も危機を乗り越えた。それは「走ること」に対する揺るがない信念があったからだという。

 ナイキは、アスリート自身とブランドを結びつけるという、スポーツマーケティングの先駆となった。そこに行きついた理由や、起業家精神など、どんなビジネスにも参考になる点が多く見つかるはずだ。また、プライベートでの出来事や心情も、丁寧に描写されたストーリーになっており、読み物としても楽しめる。ナイキのファンに限らず、多くのビジネスパーソンにぜひご一読いただきたい一冊だ。

著者:フィル・ナイト(Phil Knight)
 ナイキ創業者。世界最高のスポーツ用品メーカー、ナイキの創業者。1938年生まれ。オレゴン州ポートランド出身。オレゴン大学卒業。大学時代は陸上チームに所属。中距離ランナーとして、伝説のコーチ、ビル・バウワーマンの指導を受ける(バウワーマンは後にナイキの共同創業者となる)。1年間のアメリカ陸軍勤務を経て、スタンフォード大学大学院に進学。MBA(経営学修士号)取得。
 1962年、オレゴンの「ブルーリボン・スポーツ」社の代表として日本のシューズ・メーカーであるオニツカを訪れ、同社の靴をアメリカで売るビジネスを始める。その後独自ブランドの「ナイキ」を立ち上げ、社名もナイキと変更。創業メンバーたちとともに、スポーツ用品界の巨人、アディダスとプーマをしのぐ企業へと同社を育て上げる。1964年から2004年まで同社CEO、その後2016年まで会長を務める。妻ペニーとオレゴンに暮らす。

翻訳:大田黒 奉之(Otaguro Tomoyuki)
 京都大学法学部卒。洋楽好きが高じ、主にミュージシャンの伝記の翻訳を手掛けるようになる。主な訳書に『ロック・コネクション』『ジョージ・ハリスン・コンプリート・ワークス』『デヴィッド・ボウイ・コンプリート・ワークス』『ザ・クラッシュ・コンプリート・ワークス」『イーグルス・コンプリート・ワークス』(以上ティー・オーエンタテインメント)『ミック・ジャガーの成功哲学』(スペースシャワーネットワーク)等。

夜明け アスリート人生
1962 オニツカとブルーリボン
1963 会計士として
1964 レジェンド・バウワーマン
1965 巨漢ヘイズ
1966 手紙魔ジョンソン
1967 ウッデルの参加
1968 ペニーとの結婚
1969 フジモト
1970 8000ドルの借金
1971 ナイキ・ブランド誕生
1972 シカゴの展示会
1973 偶像を破壊する
1974 専属弁護士ストラッサー
1975 日商岩井
1975 プリとの別れ
1976 バット・フェイス
1977 ゴールラインは存在しない
1978 2500万ドルの請求
1979 中国進出
1980 株式公開
夜 死ぬまでにしたいこと

要約ダイジェスト

アスリート人生

 世界は馬鹿げたアイディアでできている。私は走ることが好きだが、これほど馬鹿げたものもないだろう。ハードだし、苦痛やリスクを伴う。見返りは少ないし、何も保障されない。走る行為そのものがゴールであり、ゴールラインなどない。走る行為から得られる喜びや見返りは、すべて自分自身の中に見出さなければならない。

 1962年のあの日の朝、馬鹿げたアイディアが目の前で輝いた。そして私は自分に言い聞かせた。走り続けろ。立ち止まるな。目標に到達するまで、止まることなど考えるな、と。

 私はそのアイディアを持って日本に向かった。父の知り合いを訪ね、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2018 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集