『一流の学び方―知識&スキルを最速で身につけ稼ぎにつなげる大人の勉強法』
(清水久三子/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 ビジネスパーソンにとって学びは必要不可欠なものだが、それを有効に仕事に生かせている人もいれば、そうでない人もいる。では、学びを仕事や稼ぎにつなげられる人と、学んだだけで終わってしまう人では、どこが違うのだろうか。本書は、その違いを明確に指摘し、「仕事に生かせる学び方」のノウハウを解説した一冊だ。

 本書によると、学びを役立てるためには、多くの人が学生時代に行ってきた「チャイルドエデュケーション」から、「アダルトラーニング」への移行が必要となる。「アダルトラーニング」とは、スキルやノウハウを自分の血肉にし、仕事や稼ぎにつなげる学び方のこと。このメソッドは4つのステップからなり、段階を踏んで身につけることで知識を「知っている」から、「教えられる」=稼げるレベルにまで高めることができる。

 著者は、延べ3000人のコンサルタントの指導経験を持つ「プロを育てるプロ」として知られる清水久三子氏。本書は2007年刊行のロングセラー『プロの学び力』を大幅に加筆修正したもので、デジタル環境の進化など、10年間の変化をアップデートした内容となっている。効率的な学び方を知りたい方、学び続けているのになかなか成果があがらない方など、多くのビジネスパーソンに役立つ「大人の学び方の教科書」と言えるだろう。

著者:清水 久三子(Shimizu Kumiko)
 &create(アンド・クリエイト)代表、オーガナイズ・コンサルティング代表取締役社長。大手アパレル企業を経て、1998年にプライスウォーターハウスコンサルタント(現IBM)入社後、企業変革戦略コンサルティングチームのリーダーとして、新規事業戦略立案・展開支援、コンサルタント育成強化、プロフェッショナル人材制度設計・導入、人材開発戦略・実行支援などのプロジェクトをリード。
 2005年より、コンサルティングサービス&SI事業部門の人材開発部門リーダーとしてコンサルタント・エンジニアの人材育成を担い、2013年に独立。プロジェクトマネジメント研修、コアスキル研修、リーダー研修など社内外の研修講師をつとめ、延べ3000人のコンサルタントの指導育成経験を持つ「プロを育てるプロ」として知られている。2015年6月にワーク・ライフバランス、ダイバーシティの実現支援を使命とした会社を設立。創造性と生産性を向上させるスキルアップのプログラムの提供を開始。
PROLOGUE 「学び方」でビジネスパーソンの人生が決まる
CHAPTER 1 こうすればあなたの「学び」は失敗しない
CHAPTER 2 「学び」を「稼ぎ」に変える4つのステップ
CHAPTER 3 最速で効率よくキャッチアップする
CHAPTER 4 1日3冊のインプットを可能にする読書術
CHAPTER 5 こうすればスキルや知識が「稼げる」レベルになる
CHAPTER 6 学びの効率&効果を高めるラーニングハック

要約ダイジェスト

今なぜ「学び方」なのか?

 ビジネスパーソンにとって「学ぶこと」が、以前にも増して重要になってきた。21世紀は、学び方や学ぶ姿勢で、ビジネスパーソンのキャリア、そして人生が決まると言っても過言ではない。その一つ目の理由は、人生100年時代の到来だ。人間の働く期間は長期化し、働く環境の変化のサイクルが短期化する今、「若いときに学んだスキルで食べていく」ことは不可能になりつつある。

 もう一つの理由は、学びの環境の変化だ。ICT(情報通信技術)の革新で「学び」の環境は様変わりし、今では、スマートフォンを使い、海外の一流ビジネススクールの授業を、通勤電車の中で視聴することが可能だ。ただし、こうしたツールや環境の恩恵を受けるのは、学ぶ意欲のある者だけだ。学ぶ者が知識やスキルを、飛躍的に高めることが可能な一方、学ばない者との差(学びの格差)が、これまで以上に決定的に広がっていく時代でもある。

 ビジネスパーソンの多くの方が、学んだことを仕事に役立てられない、あるいは勉強に挫折してしまうということを繰り返しているが、その原因は、「学び方」にある。学生時代や資格試験の、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2018 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集