『教養としての社会保障』
(香取照幸/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 社会保障は私たちの身近にありながら、専門家でも全体を見渡すのが難しいほど膨大で複雑な制度で成り立っているため、非常にわかりづらい。それゆえ社会保障は、負担になるだけだと批判の対象になることも多い。しかし社会保障は、セーフティネットとしてもしもの時に人々を守ってくれるだけでなく、そのおかげで人々はリスクを冒して挑戦できるという側面があるという。その点で、社会保障は社会の発展に寄与しているのだ。

 本書は壮大な社会保障制度を詳説するのではなく、現在の社会保障が形成されてきた歴史を紐解いて全体像をとらえ、その根底にある哲学を解説することで、社会保障への理解を進めてくれる一冊だ。著者は旧厚生省入省以降、厚生労働省政策統括官(社会保障担当)、年金局長、雇用均等・児童家庭局長などを歴任し、内閣官房内閣審議官としても「社会保障・税一体改革」を取りまとめるなど、社会保障改革と闘い続けてきた人物。

 マクロとミクロ、両面の視点から社会保障を見ると、その乖離の大きさが社会保障を難しくしていることが理解できるはずだ。巻末には、人口減少が進むこれからの日本社会へのポジティブな提言もまとめられている。社会保障制度について理解が曖昧だった方や、社会課題の解決に興味関心がある方、身近な問題がなかなか解決されないことに疑問や不安を抱えている方は、社会人必須の教養としてぜひご一読いただきたい。

著者:香取 照幸(Katori Teruyuki)
 1956(昭和31)年、東京都出身。東京大学法学部卒業。1980年厚生省(現厚生労働省)入省。1982年在フランスOECD(経済協力開発機構)事務局研究員、1990年埼玉県生活福祉部老人福祉課長、1996年厚生省高齢者介護対策本部事務局次長。2001年内閣官房内閣参事官(総理大臣官邸)、2002年厚生労働省老健局振興課長、2005年厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課長。2008年内閣官房社会保障国民会議事務局参事官、同安心社会実現会議事務局参事官、2010年厚生労働省政策統括官(社会保障担当)、内閣官房内閣審議官(社会保障・税一体改革担当)、2012年厚生労働省年金局長、2015年厚生労働省雇用均等・児童家庭局長等を経て2016年6月退官。2017年3月より在アゼルバイジャン共和国日本国特命全権大使(現職)。
はじめに~この本を手に取ってくださった方へ
第1部 社会保障とは何か~制度の基本を理解する
 第1章 【系譜、理念、制度の体系】ギルドの互助制度を手本としたビスマルク
 第2章 【基本哲学を知る】「共助」や「セーフティネット」が社会を発展させた
 第3章 【日本の社会保障】戦後日本で実現した「皆保険」という奇跡
第2部 マクロから見た社会保障~社会保障と日本社会・経済・財政
 第4章 【変調する社会・経済】人口減少、少子化、高齢化で「安心」が揺らぎ始めた
 第5章 【産業としての社会保障】社会保障はGDPの5分の1を占める巨大市場
 第6章 【国家財政の危機】次世代にツケをまわし続けることの限界
第3部 日本再生のために社会保障ができること
 第7章 【目指すべき国家像】「将来不安」を払拭するために何をすべきか
 第8章 【新たな発展モデル】北欧諸国の成功モデルから学べること
 第9章 【改革の方向性】「安心」を取り戻すために、どう改革を進めるべきか
付章 【提言】人口減少社会を乗り切る持続可能な安心社会のために
おわりに
参考文献リスト

要約ダイジェスト

社会保障の理解の難しさ

 社会保障は、医療、介護、年金、失業、子育て、公的扶助、社会福祉、公衆衛生、健康増進など生活万般のリスクを補うものであり、それ自体が壮大な制度の体系である。100兆円超のお金が動く社会保障は、少し動かすだけで、経済や雇用に少なからぬ影響が及ぶため、きちんと理解するためには、経済システムや政治、社会全体についての一定の理解も必須だ。

 政策は国民の理解が得られないと実現できないが、国民の多くは、年金の受給額や保険料、介護サービスの内容、保育所に入れるかなど、自身の生活に直接関係のあることには強い関心があっても、社会保障全般となるとほぼ関心がない。結果、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集