『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム』
(クレイトン・M・クリステンセンほか/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 業界の常識を覆すようなイノベーションを起こしたいと考えている企業は多いが、どうしたらイノベーションを起こせるかという部分においては、運任せになっている企業がほとんどだ。それゆえ、近年イノベーション分野では、リーンスタートアップなどの確率論的アプローチが重視されている。しかし本書によれば、プロダクトに対する見方を変えれば、イノベーションが予測可能になるという。その画期的な理論が「ジョブ理論」だ。

 ジョブ理論では、顧客は、目的の「ジョブ(仕事や用事)」を片付けるためにプロダクトを雇用する(買う)という考え方を提示し、単にプロダクトの質を高めたりトレンドに乗るのではなく、ジョブの発見とその解決方法こそがイノベーションのカギだと説く。まだ解決されていないジョブはどこにあるのか、といった観点で顧客や市場を眺めると、多くの新規ビジネスや成長の機会が見えてくるのだ。

 主著者のクレイトン・M・クリステンセン教授は、『イノベーションのジレンマ』で「破壊的イノベーション」の理論を提唱した人物。本書は「破壊的イノベーション」理論では解決できない「イノベーションの機会はどこにあるのか」「どのようにイノベーションを起こせばいいのか」といった問題に答えるべく書かれた。新規事業開発にかかわる人はもちろん、経営者やマーケターなど多くの方に、顧客とプロダクトを見る新しい視点を与えてくれる一冊だ。

著者:クレイトン・M・クリステンセン
 ハーバード・ビジネス・スクールのキム・B・クラーク記念講座教授。9冊の書籍を執筆し、ハーバード・ビジネス・レビュー誌の年間最優秀記事に贈られるマッキンゼー賞を5回受賞。イノベーションに特化した経営コンサルタント会社イノサイトを含む、4つの会社の共同創業者でもある。「最も影響力のある経営思想家トップ50」(Thinkers50、隔年選出)の2011年と2013年の1位に選出。

著者:タディ・ホール
 ケンブリッジ・グループのプリンシパルで、ニールセン社のブレークスルー・イノベーション・プロジェクトのリーダーを務める。様々な企業に対し、イノベーションのプロセスを改善する支援をおこなっているほか、〈エンデバー〉など新興市場の経営トップに緊密な指導を提供している。

著者:カレン・ディロン
 ハーバード・ビジネス・レビュー誌の元編集者。著書にNYタイムズ・ベストセラー『イノベーション・オブ・ライフ』(クリステンセン他と共著)。コーネル大学・ノースウエスタン大学メディル・ジャーナリズム学院卒業。2011年、アショカ財団によって世界で最も影響力のある女性のひとりに選出される。

著者:デイビッド・S・ダンカン
 イノサイト社のシニア・パートナー。イノベーション戦略および成長に関する先進の研究者兼アドバイザーとして、企業経営者に対し、破壊的変化を導き、組織を長期的な繁栄が可能な体質に変換する指導をおこなう。デューク大学卒、ハーバード大学で物理学の博士号取得。

翻訳:依田光江
 お茶の水女子大学卒。外資系IT企業勤務を経て翻訳者。主な訳書にアレック・ロス『未来化する社会―世界72偉人のパラダイムシフトが始まった』(ハーパーコリンズ・ジャパン)、メアリー&トム・ポッペンディーク『リーンソフトウェア開発と組織改革』(アスキー・メディアワークス)、共訳にベン・パー『アテンション―「注目」で人を動かす7つの新戦略』(飛鳥新社)などがある。

日本語版解説:津田真吾
 インディージャパン 代表取締役テクニカルディレクター

序章 この本を「雇用」する理由
―第1部 ジョブ理論の概要
第1章 ミルクシェイクのジレンマ
第2章 プロダクトではなく、プログレス
第3章 埋もれているジョブ
―第2部 ジョブ理論の奥行きと可能性
第4章 ジョブ・ハンティング
第5章 顧客が言わないことを聞き取る
第6章 レジュメを書く
―第3部「片づけるべきジョブ」の組織
第7章 ジョブ中心の統合
第8章 ジョブから目を離さない
第9章 ジョブを中心とした組織
第10章 ジョブ理論のこれから
日本語版解説
索引

要約ダイジェスト

ミルクシェイクのジレンマ

 破壊的イノベーションの理論は、複数の反応が融合して同時に起こる競争反応のモデルとして有効だが、次の新しい機会をどこで探せばよいかは教えてくれない。どこでどんなイノベーションを起こせば、実績ある優良企業を弱体化させたり、新しい市場を形成したりできるのかのロードマップも示さない。だが、「片づけるべきジョブ」理論ならそれができる。

 以前、ファストフード・チェーンの「どうすればミルクシェイクがもっと売れるか」というプロジェクトにたずさわった。このチェーン店は、すでに数カ月をかけて値段や量、味を顧客に問うなど詳細に調査していたが、ミルクシェイクの売上に変化はなかった。

 そこで調査チームの私たちは、違う方向から課題に取り組もうと考えた。「来店客の生活に起きたどんなジョブ(用事、仕事)が、彼らを店に向かわせ、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集