『成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝』
(レイ・A・クロックほか/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 一代でマクドナルド帝国を築いた起業家、レイ・A・クロック氏をご存じだろうか。ペーパーカップやマルチミキサーのセールスマンなどを経て、齢52歳にしてマクドナルド兄弟のハンバーガー店に可能性を見出し、瞬く間にマクドナルドを世界的チェーンに育て上げた。本書はその自伝として、ビジネスやマクドナルドに対する情熱、アメリカ的起業家精神が全編にあふれた、起業家・経営者必読の一冊である。

「未熟でいるうちは成長できる。成熟した途端、腐敗が始まる」「信念と継続だけが全能である」など、レイ・クロック氏の生の言葉からその哲学や考え方を学べるだけでなく、フランチャイズビジネスの極意、ヒット商品のつくり方、従業員を即戦力に仕立てる仕組みなど、経営書としても自己啓発書としても多くの気づきが得られるはずだ。

 また日本語版特典として、本書を「人生のバイブル」としてユニクロを急成長させた柳井正氏による解説や、同じく本書から大きな影響を受けたソフトバンクの孫正義氏との対談なども収められており、こちらも必読の内容となっている。なお本書は個性的な起業家の一代記として読み物としても抜群に面白く、『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(2017年7月日本版公開)として映画化され、再び注目を集めている。

著者:レイ・A・クロック(Ray A.Kroc)
 1902‐1984。アメリカ・イリノイ州オークパーク生まれ。高校中退後、ペーパーカップのセールスマン、ピアノマン、マルチミキサーのセールスマンとして働く。1954年、マクドナルド兄弟と出会い、マクドナルドのフランチャイズ権を獲得、全米展開に成功。1984年には世界8,000店舗へと拡大した(現在マクドナルドは世界119カ国に約30,000店を展開)。後年にレイ・クロック財団設立、メジャーリーグのサンディエゴ・パドレス獲得など精力的に活動。

著者:ロバート・アンダーソン(Robert ANDERSON)
 アメリカ在住のライター、ジャーナリスト

解説:柳井正、孫正義

訳者:野崎 稚恵(ノザキ チエ)
 ノンフィクション・ライター。1967年新潟県生まれ。青山学院大学英米文学科卒業。証券会社のディーラー、トレーダー、雑誌編集者を経てフリーに。経済、金融、経営、営業等をテーマに活動中。

監修・構成:野地 秩嘉(ノジ ツネヨシ)
 ノンフィクション作家。1957年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業。出版社勤務、美術プロデューサーを経て作家に。

はじめに これが僕の人生のバイブル 柳井正
第1章 チャンスを逃すな
第2章 仕事はハンバーガーの肉だ
第3章 セールスの極意
第4章 売り上げを伸ばす
第5章 ストレスに打ち勝つ!
第6章 契約の落とし穴
第7章 フランチャイズシステム
第8章 成功の方程式
第9章 知りたいことはゴミ箱の中に
第10章 キャッシュフロー
第11章 取引先とともに成長する
第12章 理想の組織
第13章 トップは孤独である
第14章 ヒット商品の作り方
第15章 球団買収
第16章 やりとげろ
おわりに おまえたち、金儲けに精を出せ!(孫正義)
付録1 特別対談 心に焼き付けた企業家魂とアメリカの夢(柳井正 VS 孫正義)
付録2 「事業の作り方」「市場の捉え方」法則7(柳井正)

要約ダイジェスト

チャンスを逃すな

 人は誰でも、幸福になる資格があり、幸福をつかむかどうかは自分次第だ。巨万の富を築いたのも、「チャンスを逃すな」を信条にして生きてきた結果といえる。17年間ペーパーカップの営業を続け、販売成績でトップに立ち、独立してマルチミキサーのセールスの仕事を続けながら、私は次なるビジネスチャンスを逃さないよう注意を払っていた。

「未熟でいるうちは成長できる。成熟した途端、腐敗が始まる」、これは私の座右の銘だ。 カリフォルニアで、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集