『いい人材が集まる、性格のいい会社』
(佐藤雄佑/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 ここ数年来、求人市場は売り手市場が続いており、企業の採用は激戦となっている。また、労働力減少時代を見据え、ニュースなどでも企業の働き方改革や生産性向上の取り組みを多く見るようになった。このように人事領域で大きな変革が進むなか、中小・ベンチャー企業はどうしたら「いい人材」を採用することができるのだろうか。

 本書では、中小・ベンチャー企業は、企業規模や知名度といった「外見」ではなく、ビジョンや働く仲間、働き方などの「性格」で勝負すべきであるとして、「性格のいい会社」のつくり方を指南する。著者によれば、性格のいい会社とは「人に対する考え方」、つまり人事ポリシーがあり、社員に働きがいと多様な働き方を提供できる会社だ。生産性向上や働き方改革は大企業がメインだと考えられがちだが、実はベンチャー・中小企業こそその強みが活かせ、採用にも大きな効果を発揮できるのだ。

 本書では「働き方改革」「リファーラル採用」「イクボス」など、最新のテーマや企業事例を通し、「人を起点とした経営」を解説。人事・採用担当者はもちろん経営者も多くのヒントが得られるはずだ。著者の佐藤雄佑氏は、リクルートグループで人材エージェントや支社長、人事マネジャーなど幅広い経験を積み、現在は株式会社ミライフ代表として戦略人事コンサルティング事業などを手掛ける人事・採用のプロフェッショナル。

著者:佐藤雄佑(サトウ ユウスケ)
 株式会社ミライフ代表取締役。新卒でベルシステム24入社、マーケティングの仕事に従事。そこで「やっぱり最後は人」だと思い、リクルートエイブリック(現リクル ートキャリア)に転職。法人営業、支社長、人事GM、エグゼクティブコンサルタントなどを歴任。MVP、MVG(グループ表彰)など受賞多数。リクルートホールディングス体制構築時(2012)には人事GMとして、リクルートの分社・統合のプロジェクトを推進。子どもが生まれたときには、半年間の男性育休を取得し、主夫を経験。
 2016年、株式会社ミライフ設立。働き方変革事業、戦略人事コンサルティング事業などを展開。事業構想大学院大学プロジェクトディレクター、米国 CCE,Inc 認定 GCDF-JAPAN キャリアカウンセラー、NPO 法人ファザーリングジャパン会員。
http://www.miraif.co.jp
第1章 いい人材の採用は経営課題であり経営戦略
第2章 性格のいい会社のつくり方
第3章 働きがいのある会社をつくる
第4章 多様な働き方ができる会社をつくる
第5章 これからの時代の採用戦略
〈性格のいい会社をつくるのに参考になる本〉

要約ダイジェスト

中小企業こそ「性格の良さ」で勝負する

 昨今、採用動向は活況で、熾烈な人材獲得競争が繰り広げられている。では、大手企業や有名企業以外の会社では、いい人材を採ることができないのだろうか。もちろん答えは NOだ。どうすればいいかというと、「外見で勝てないなら、性格で勝負する」ということだ。

 求人情報にはハードとソフトの情報がある。ハード情報とは、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集