『仮説思考 ―BCG流 問題発見・解決の発想法』
(内田 和成/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 思い切った意思決定ができない、問いを立てることが苦手、といった課題を抱えるビジネスパーソンが日本には多く、本書にも、新人コンサルタント時代に「枝葉の男」と評されたという著者のエピソードがある。だが、細かい枝葉の分析や解決ができても、問題の全体像、幹の部分を描けないと本質的な解決にはならない。

 こうした著者の状況を救ったのが、「仮説思考」だ。その後、ボストンコンサルティンググループ(BCG)日本代表も務めた著者曰く、分析力や情報収集スキルではなく、初期段階で早期に結論を考える「仮説思考」こそがコンサルタントの問題解決能力を支えている。そして、それは経験の浅いビジネスパーソンでも身につけられるという。

 本書では「仮説思考」とは何か、なぜ「仮説思考」が必要なのか、また実際の仮説の立て方から検証の仕方まで網羅的に述べられている。扱う事例も多岐にわたり、業種や業界を問わず応用できる思考の「型」を見つけられるはずだ。

 仮説思考を身につければ、やみくもな情報収集や分析で時間を浪費することはなくなり、迅速で正確な解決策を導くことができる。仕事の進め方が遅かったり、全体像をイメージするのが得意でない方には、参考書としてぜひ役立てていただきたい一冊だ。

著者:内田 和成(ウチダ カズナリ)
 早稲田大学ビジネススクール教授。東京大学工学部卒業。慶應義塾大学経営学修士(MBA)。日本航空を経て1985年ボストン コンサルティング グループ(BCG)入社。2000年6月から2004年12月までBCG日本代表、2009年12月までシニア・アドバイザー。ハイテク、情報通信サービス、自動車業界を中心に、戦略などの策定・実行を支援するプロジェクトを数多く経験。2006年には「世界で最も有力なコンサルタントのトップ25人」(米コンサルティング・マガジン)に選出された。
 2006年より早稲田大学大学院経営管理研究科(早稲田ビジネススクール)。ビジネススクールで競争戦略やリーダーシップ論を教えるほか、エグゼクティブ・プログラムでの講義や企業のリーダーシップ・トレーニングも行なう。また、キユーピー、ライオン、三井倉庫などの社外取締役も務める。著書に『仮説思考』『論点思考』(東洋経済新報社)、『異業種競争戦略』(日本経済新聞出版社)、『ゲーム・チェンジャーの競争戦略』(編著、日本経済新聞出版社)など。
序章 仮説思考とは何か
第1章 まず、仮説ありき
第2章 仮説を使う
第3章 仮説を立てる
第4章 仮説を検証する
第5章 仮説思考力を高める
終章 本書のまとめ

要約ダイジェスト

仮説思考とは何か

 多くのビジネスパーソンは、情報は多ければ多いほど、間違いのない意思決定ができると信じて、できるだけ多くの情報を集めてから物事を見極めようとする。だが、あらゆる情報を網羅的に調べてから答えを出していくには、時間的にも資源的にも無理がある。

 実は仕事ができる人は、まだ十分な材料が集まっていない段階、あるいは分析が進んでいない段階で、自分なりの答えをもつ。限られた情報をベースに問題点を発見でき、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集