『論点思考 ―BCG流問題設定の技術』
(内田和成/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 上司から与えられた仕事に対し、「これは本当にやるべきことなのか」と感じた経験はないだろうか。著者曰く、このような問題意識を持てるか否かが仕事の成否を分ける。なぜなら、「論点」すなわち今解くべき問題の設定を間違えれば、正しい答えは出せないし、企業は限られた資源のなかで、抱える問題の全てを解決することはできないからだ。

 著者 内田和成氏の前著『仮説思考』では、迅速かつ正確に問題を解くための方法が示されたが、本書では「本当に解くべき問題は何か」にたどり着く方法を伝授する。つまり、問題解決において、解決策を考える際に重要な役割となるのが「仮説思考」であり、問題発見段階で力を発揮するのが「論点思考」なのである。そしてこの 2つは、プロセスの中で行ったり来たりを繰り返し、相互に補完し合う関係にある。

 本書では論点思考のステップを、①論点を拾い出し、②絞り込み、③確定し、そして④全体像で確認する、という 4つに分解し、一流のコンサルタントがどのように本質的な問題解決に至るかを、事例やケーススタディを盛り込みながら丁寧に解説する。

 ボストンコンサルティンググループ(BCG)日本代表を務めた著者は、普段は論点設定という問題解決の上流工程に参加することが少ない、若手ビジネスパーソンに向けても、「論点思考」を持つことの重要性と、その方法を説いている。経営者や部下に仕事を与える管理職の方々はもちろん、すべての立場のビジネスパーソンの必読の一冊だ。

著者:内田 和成(ウチダ カズナリ)
 早稲田大学ビジネススクール教授。東京大学工学部卒業。慶應義塾大学経営学修士(MBA)。日本航空を経て1985年ボストン コンサルティング グループ(BCG)入社。2000年6月から2004年12月までBCG日本代表、2009年12月までシニア・アドバイザー。ハイテク、情報通信サービス、自動車業界を中心に、戦略などの策定・実行を支援するプロジェクトを数多く経験。2006年には「世界で最も有力なコンサルタントのトップ25人」(米コンサルティング・マガジン)に選出された。
 2006年より早稲田大学大学院経営管理研究科(早稲田ビジネススクール)。ビジネススクールで競争戦略やリーダーシップ論を教えるほか、エグゼクティブ・プログラムでの講義や企業のリーダーシップ・トレーニングも行なう。また、キユーピー、ライオン、三井倉庫などの社外取締役も務める。著書に『仮説思考』『論点思考』(東洋経済新報社)、『異業種競争戦略』(日本経済新聞出版社)、『ゲーム・チェンジャーの競争戦略』(編著、日本経済新聞出版社)など。
はじめに
第1章 あなたは正しい問いを解いているか
第2章 論点候補を拾いだす–戦略思考の出発点
第3章 当たり・筋の善し悪しで絞り込む
第4章 全体像を確認し、論点を確定する
第5章 ケースで論点思考の流れをつかむ
第6章 論点思考力を高めるために
おわりに

要約ダイジェスト

あなたは正しい問いを解いているか?

 問題解決はビジネスで成果をあげる際にとても重要なものである。その際、暗黙の前提として「正しい問題」を解いていることを想定している。しかし、あなたがいま解いている問題、これから解こうとしている問題はいつも正しいとはかぎらない。

 最上流の問題設定段階で間違えたら、その後、一生懸命に問題を解き、解決策を実行したとしても解決せず、時間とエネルギーだけを大きくロスすることになる。つまり、問題を解き始める前に、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集