『正解が見えない課題を圧倒的に解決する 超仮説思考』
(高野 研一/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 これまでビジネスの世界では、多くのフレームワークを使いこなし、素早く最適解を見つける能力が重視されてきた。だが、インターネットの発展とともに、検索ですぐに出てしまうような解は価値を持たなくなり、検索しても出てこないような答えにたどり着く思考力や発想力こそが必要とされる時代になった。

 そこで本書では、「唯一の正解がある」という考えから「多様なモノの見方を見つける」という考え方の変化を、西洋思想から東洋思想への移行とも関連づけて考察。検索でも出てこないアイデア、すなわち本書でいう「超仮説」にたどり着くためのコツ、トレーニング法を数多く紹介している。

 多くのエクササイズが用意されているため、読みながら多角的なモノの見方を鍛えることができ、一読すれば、この「ビジネス版禅問答」と呼べるエクササイズが、従来の考え方で固まった頭の中を、解きほぐしてくれるような感覚が得られるはずだ。

 著者の高野研一氏は、人材・組織コンサルティング分野で著名なコーン・フェリー・ヘイグループ株式会社の社長を務め、多業種にわたる豊富なコンサルティング経験を擁する人物。MBA的なフレームワーク思考の限界を感じている方や発想力を磨きたい方はもちろん、経営、企画、新規事業に携わる方はぜひご一読いただきたい。

著者:高野 研一(タカノ ケンイチ)
 コーン・フェリー・ヘイグループ株式会社代表取締役社長。1987年3月 神戸大学経済学部卒業。91年6月 ロンドン・スクールズ・オブ・エコノミクス(MSc)修了。92年6月 シカゴ大学ビジネススクール(MBA)修了。日本の大手銀行でファンドマネジャーなどを経験した後にコンサルタントに転進。現マーサー・ジャパン取締役などを経て、2006年10月にヘイ コンサルティング グループに参画。2007年10月より代表取締役社長に就任。2016年5月、ヘイグループとコーン・フェリーの統合にともない、現職に就く。
 日本企業の経営改革とグローバル化を支援。特に、コーポレートガバナンス、ビジネスリーダーの育成とアセスメント、グループ経営、組織・人材マネジメントに関する戦略・実行支援などに豊富な経験を持つ。コーン・フェリー・ヘイグループでは、日本・韓国のマネジメントを担う。著書に、『カリスマ経営者の名著を読む』『超ロジカル思考』(以上、日本経済新聞出版社)、『勝ちぐせで組織は強くなる』『グループ経営時代の人材マネジメント』(以上、東洋経済新報社)、『ビジネスリーダーの強化書』(日本経団連出版)があるほか、講演や雑誌寄稿なども多数。
第1章 学歴エリートが40歳を過ぎてつまずくワケ
第2章 「超仮説」をたぐり寄せる力がキャリアアップを可能にする
第3章 フレームワークでなくトレーニングが重要
第4章 見えない世界にイマジネーションを広げる
第5章 非連続な変化の先を考える
第6章 視点を自分の外に移してみる
第7章 人の心の中に入り込む
第8章 オープンなエコシステムに参加する
第9章 前提条件を疑う
第10章 超仮説を立てて検証する
最終章 実践こそがすべて

要約ダイジェスト

フレームワークの罠

 学歴エリートは、世の中にある様々なフレームワークを勉強し、活用してきた。3C分析、SWOT分析、SCMなど、幅広いフレームワークを習得している一方で、これらのフレームワークは、「解きやすいように問題を定義している」ことが忘れられていることが多い。

 フレームワークのように「唯一の正解がある」という前提からスタートすると、最初に発見したモノの見方を唯一の解と思い込みがちだが、経営はそんなに単純ではなく、もっと立体的なものだ。学歴エリートは、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集