『小さな会社 ネット集客の鉄則』
(高田晃/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 いまや、何らかの形でインターネットによる情報発信や集客に取り組んでいない企業のほうが少ないのではないだろうか。だが同時に、ウェブ集客で大成功している、という企業もまた多くない。それは、巷にあふれるウェブ集客の方法論の多くが、ある程度の規模や予算を持つ大手企業向けの情報だからである。

 本書は、そうした知名度やマンパワー、そしてウェブ集客予算が潤沢ではない企業、特にウェブ集客予算が月 30万円以下の中小・零細企業向けに、低予算でも効果が出せるウェブ集客の方法論を解説した一冊だ。具体的には、対象顧客の明確化、ネット集客シナリオの設計といった5ステップを実践し、90日以内に成果を出すことを目標にしている。

 SEO対策、スマホ最適化、コンテンツマーケティング、動画マーケティング、SNS対応など、マーケティングの世界では次々と新しい手法やトレンドが登場する。しかし本書では、そうした流行り廃りのある「戦術」ではなく、そもそもの「原則」や「戦略」を中心に、専門用語をかみ砕き、小さな会社の集客手法を具体的に紹介しているのが特長だ。

 著者は、大手ネット広告代理店で10年間約300社のウェブ集客に携わり独立。自らも小さな会社の社長を務める人物。これからウェブマーケティングに取り組む、またはすでに取り組んでいる中小中堅企業の社長・担当者はもちろん、大企業の方でも、ウェブ集客の基礎を知り、ウェブ集客支援業者と対等に付き合う上でも役立つ内容となっている。

著者:高田 晃(タカダ ヒカル)
 株式会社ラグランジュポイント代表取締役社長。中小・零細企業専門のマーケティングコンサルタント。大手ネット広告代理店の(株)オプトで、営業職として社内トップクラスの成績を収めた後に独立。現在は、資金力やブランド力などの経営資源に恵まれない中小・零細企業や個人事業主が、紹介や人脈だけに頼ることなく安定的に顧客獲得するためのコンサルティング活動に従事する。デジタルハリウッド「Webマーケティング講座」、トーマツイノベーション「はじめてのWebマーケティング入門セミナー」などに講師や監修役として関わるほか、東京商工会議所など団体・企業主催の研修・セミナー等に年間100本ペースで登壇。
Part 0 ウェブ予算月30万円未満の企業は「自走」する覚悟を
Part 1 小さな会社ならではのウェブマーケティング戦略
Part 2 今日からはじめるウェブマーケティング「5つのステップ」
Part 3 小さな会社が必ずやるべき5つのネット集客施策
Part 4 集客をさらに加速させるための具体策
Part 5 小さな会社の効果的な運営体制のつくり方

要約ダイジェスト

小さな会社には「小さな会社なりの戦い方」がある

 著者は大手ネット広告代理店でおよそ10年、約300社のウェブマーケティングに関わってきたが、その経験とノウハウは、起業した自分の会社ではほとんど使い物にならなかった。それは、何より「十分な資金」がなかったためだ。

 具体的にいえば、ウェブマーケティングに毎月かけられる予算が月 30万円未満の企業の場合、世間でいわれる方法論は通用しない。それ以降、自社をテスト材料に研究に明け暮れ、他社でも再現性のあるやり方が確立できたのを皮切りに、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集