『ぷしゅ よなよなエールがお世話になります』
(井手直行/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 近年日本でもクラフトビール(職人がつくるこだわりのビール)市場が盛り上がりを見せている。なかでも、11年連続で増収増益を達成するなど、人気、知名度とも非常に高いのが看板商品「よなよなエール」を擁するヤッホーブルーイング社だ。

「よなよなエール」という名前は、個性豊かなエールビールを毎晩(夜な夜な)飲んでもらいたいという世界観と、一度で覚えてもらえるインパクトを目指してつけられたという。コンビニや大手スーパーで、花札をモチーフにした”和風”パッケージが目を引く、黄金色の缶を見たことがある方も多いのではないだろうか。

 いまや大手4社とオリオンビールに次ぐ規模の同社だが、その道のりは平坦ではない。創業後「地ビール」ブームで売上を伸ばすも、ブーム終焉で赤字に転落。本書はそれでも味を変えず、「100人のうち1人に熱狂的に好きになってもらう」「『世の中的に正解』とされることをやらない」逆転の発想で業績をV字回復させた井出社長の自伝的経営論だ。

 本書では、業界に先駆けてウェブでの直販で売上を伸ばし、ユニークなメルマガ、1,000人規模のイベント開催など、熱狂的なファンを生み出す仕組みと、アイデアあふれる経営が明らかにされている。企業規模を問わず、差別化や新たな市場開拓に悩む経営幹部、マーケティング担当者に多くのヒントを与えてくれる一冊である。

著者:井手 直行(イデ ナオユキ)
 ヤッホーブルーイング代表取締役社長。よなよなエール愛の伝道師。1967年生まれ。福岡県出身。国立久留米工業高専電気工学科卒業。大手電気機器メーカー、広告代理店などを経て、1997年ヤッホーブルーイング創業時に営業担当として入社。地ビールブームの衰退で赤字が続くなか、ネット通販業務を推進して2004年に業績をV字回復させる。現在まで11期連続増収増益。全国200社以上あるクラフトビールメーカーのなかでシェアトップ。2008年社長就任。ニックネームは「てんちょ」。
第1章 おもしろそうな仕事は裏切らない
第2章 ファンは100人に1人でもいい
第3章 弁当代が出ないなら東京に行きません
第4章 どん底だから、この仕事に人生を賭ける
第5章 運命を変えた七年前の手紙
第6章 スキルは挑戦しながら身につければいい
第7章 リーダーの不満は自分を映した鏡
第8章 早ければ早いほど、最高のチームができる
第9章 僕らの働き方を変えたら、ファンも販売店もチームになった
付 録 今夜から使える エールビールの楽しみ方

要約ダイジェスト

悔し涙も、出なかった

 長野県軽井沢町に本拠を置く僕らの会社、ヤッホーブルーイングの看板製品は「よなよなエール」だ。このビール、売れない時期もあったが、いまはファンのみなさんのおかげで人気ブランドになりつつある。

 僕らはもともとはクラフトビールのメーカーを目指していた。開業の理由も、星野リゾートの代表 星野佳路がアメリカで小規模ブルワリー(ビール醸造所)のビールのおいしさに魅了され、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集