『スタンフォード大学 夢をかなえる集中講義』
(ティナ・シーリグ/著)

  • 本書の概要
  • 著者プロフィール
  • 目次
 何かアイデアを思いついても、どうやってそれを形にすればよいかわからない…という方は多いはずだ。本書はそんな「ひらめきを形にする方法」を解説する。それは「インベンション・サイクル」と呼ばれ、これまで曖昧だった「想像力」「クリエイティビティ」「イノベーション」「起業家精神」を定義し、アイデア実現までの手順を明確に示す。

 著者は「起業」という言葉に怯む必要はないと説く。起業家とは、自分の人生を自ら切り拓こうとする人、少ない資源で想像を超えることを成し遂げる人を指し、まず「やってみる」ことこそ起業家精神なのだ。その意味でも「インベンション・サイクル」は、多くの方がそれぞれの問題解決に応用できる汎用性の高いスキルである。

 本書ではこれまでの常識も次々と覆す。例えば「情熱」はリーダーに必須だとされるが、情熱の対象が見つからない方も少なくない。しかし、著者は情熱が行動を生むのではなく、行動し、経験することで情熱が育まれることを明らかにする。各章には課題も用意されており、それを埋めていくだけでも自身の可能性に気づけるはずだ。

 著者は『20歳のときに知っておきたかったこと』もベストセラーとなったスタンフォード大学教授のティナ・シーリグ氏。大学では起業家精神(アントレプレナーシップ)について教え、スタンフォード・テクノロジー・ベンチャーズ・プログラムの責任者としても数々の起業家を支援する起業家育成のエキスパートでもある。

著者:ティナ・シーリグ(Tina Seelig)
 スタンフォード大学医学大学院で神経科学の博士号を取得。現在、スタンフォード大学工学部教授およびスタンフォード・テクノロジー・ベンチャーズ・プログラム(STVP)のエグゼクティブ・ディレクター。米国立科学財団とSTVPが出資するエピセンター(イノベーション創出のための工学教育センター)のディレクターでもある。
 さらに、ハッソ・プラットナー・デザイン研究所(通称d.school)でアントレプレナーシップとイノベーションの講座を担当。工学教育での活動を評価され、2009年に権威あるゴードン賞を受賞。著書に『20歳のときに知っておきたかったこと』『未来を発明するためにいまできること』(いずれもCCCメディアハウス)などがある。

翻訳:高遠 裕子(タカトオ ユウコ)
 翻訳者。主な訳書に、ティナ・シーリグ『20歳のときに知っておきたかったこと』『未来を発明するためにいまできること』、リチャード・コッチ『新版 人生を変える80対20の法則』『80対20の法則 生活実践編』『並外れたマネジャーになる 80対20の法則』(以上CCCメディアハウス)、『心のなかの幸福のバケツ』(日本経済新聞出版社)など。

解説:三ツ松 新(ミツマツ アラタ)
 イノベーション・コンサルタント。1967年神戸生まれ。幼少期をニューヨークで過ごす。神戸大学大学院農学研究科修了後、P&Gに入社。プロダクトマネジャーとして多くの新規商品、ブランドの立ち上げに携わる。グローバルプロジェクトにも参画、極東地域における特許出願件数歴代トップを記録した。
 独立後はイノヴェティカ・コンサルティング代表として、大手上場企業とベンチャー企業向けにイノベーションとクリエイティビティのコンサルティング、研修を行う。ティナ・シーリグ『20歳のときに知っておきたかったこと』『未来を発明するためにいまできること』にも解説を執筆。

読者への手紙
序章…ひらめきを形に
第Ⅰ部 想像力
 第1章 どっぷり浸かる…建物のなかに入る鍵
 第2章 ビジョンを描く…世界があなたの舞台
第Ⅱ部 クリエイティビティ
 第3章 やる気を高める…顧客は自分自身
 第4章 実験を繰り返す…卵は割れてもかまわない
第Ⅲ部 イノベーション
 第5章 フォーカスする…ゴミ箱のなかを整理する
 第6章 フレームを変える…脳に刷り込む
第Ⅳ部 起業家精神
 第7章 粘り強く続ける…何がボートを浮かせるのか
 第8章 周りを巻き込む…物語を聴かせて
終章…終わりは始まり
課題のまとめ
解説…千里の道は、適当な一歩から。

要約ダイジェスト

ひらめきを形にする「インベンション・サイクル」

 私たちは、一人ひとりが自分自身の人生を切り拓き、社会の様々な問題に立ち向かっていかねばならない。そして、そのためには、アイデアを形にするための知識、スキル、心構えが必要だ。そのプロセスが「インベンション・サイクル」、つまり、ひらめきを形にするまでのサイクルだ。

 これは、「想像力」を起点に「クリエイティビティ」「イノベーション」を経て「起業家精神」を発揮するまでのプロセスを定義し、

続きを読むには会員登録が必要です。

© 2017 ZENBOOKS,Inc. All Rights Reserved.
要約記事は出版社または著作者から適法に許諾を取得し、作成・掲載しています。本記事の知的所有権は株式会社ゼンブックスに帰属し、本記事を無断で複製、配布、譲渡することは固く禁じます

特集